渡鬼2018シーン11「退院後はウィークリーマンションに決めた勇」の巻

嗚呼 さみしい 五月

TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』3時間スペシャル2018を検証します。今回は、愛と誠の提案を受け入れて退院後はウィークリーマンションで生活することにした勇(シーン11)の巻です。

ネタバレ御免!
スポンサーリンク

TBS・渡鬼公式情報

TBSによる公式サイト。みどころ、あらすじ、キャスト紹介など。

物語を検証してみる

おやじバンドの楽譜を眺める勇。五月が幸楽の小島邸から楽譜を持ち出して病院に戻ってきたようです。愛と誠から提案されたウィークリーマンションを五月から勇に話した模様。

ウィークリーマンションに納得する勇

勇の話によれば、幸楽近くにあるウィークリーマンションの住人は幸楽のお得意様で、来店だけでなく出前もあるらしい。

「費用はうちで出すって」とウィークリーマンションの費用が幸楽もちであることを知らせる五月。「有難いねぇ」な勇。おやじバンドに出かけるのも楽らしい。

「あんた、おやじバンドっかないんですねぇ」な五月。確かに(笑)

「右膝前十字靭帯断裂」で退院後も当面は幸楽の厨房に入れない勇。そこで好きなこと、すなわち「おやじバンド」の活動を楽しみたいらしい。

メンバーの典介や源太も車椅子で活動する勇を熱望していましたからね。

TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』3時間スペシャル2018を検証します。今回は、大けがの勇が車椅子で活動することを「おや...

悔しくない勇

五月:あんた悔しくないんですか。マスターも女将さんもいなくたって、お店は困らないなんて言われて。

出典:TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』3時間スペシャル2018

五月は幸楽に執着する姑・キミと対峙してきたわけですから。五月の幸楽への執着心、何となくわかるなぁ。

対して勇と言えば。

勇:どこまでひがむんだよ。有難いと思わなきゃバチ当たるぞ。それにな、幸楽は、もう愛夫婦と今いるみんなでやっていけるってことがわかったんだよ。こんな結構なことありゃしねえよ。喜んだって文句言うことじゃねえんだからなぁ。

出典:TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』3時間スペシャル2018

世代交代を認識している勇。幸楽への執着心はない様相。

色んな意味で冷静沈着な勇。

子離れしない五月

五月:眞に後を継がせればよかったんですよ。眞に嫁もらって後継がせれば一緒に暮らせたんですよ。愛は娘だから嫁にやったって気楽に遊びに来れたでしょう。どこで子育て間違えたんだろうか。

勇:何をバカなことを言ってんだよ。愛が継いでくれて、誠君みたいないい婿が来てくれたから幸楽は安泰なんだろう。子離れしろよもう。

出典:TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』3時間スペシャル2018

大丈夫だ五月。とにかく弥生よりは子育てに成功したと思うぞ。

眞を秀才路線で東大に行かせたことで幸楽を継がせなかったり。かと思えば、若年で嫁入り前の日向子に「おかくら」を継がせるという驚愕の展開もあったりと。橋田壽賀子先生作は何とも奥深いものです。

嗚呼さみしい五月

眞や貴子のために幸楽からシュウマイとギョウザを手土産に用意してきた五月。にもかかわらず、五月に顔を見せない眞。

五月:ほんとに親の気持ちわかってないんだから。あー!もうさみしいったらありゃしない。

出典:TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』3時間スペシャル2018

眞は眞で幸楽のシューマイやギョウザを食べ飽きているかもしれないよ。

色んな意味で眞の気持ちもわかってやれ、五月。

シュウマイとギョウザの用途

不要になったシュウマイとギョウザを長子に差し入れることにした五月。

長子のところ、すなわち本間クリニックはいつも食べ物で困っているらしい。

眞夫婦への手土産に用意した幸楽のシュウマイとギョウザは、長子がいる本間クリニックに物語を展開させるアイテムに早変わり。

渡隅賞の発表!

このシーンの渡隅賞各賞を発表します。

各賞受賞のみなさん、おめでとうございます!

主演女優賞

「あー!もう寂しいったらありゃしない。」と欲求不満な感情を醸し出した小島五月役の泉ピン子さん。

助演男優賞

欲求不満な五月に対して、あくまでも現状に前向きな小島勇を醸し出した角野卓造さん。

渡鬼出演者・関係者情報

TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』の出演者・関係者の情報をまとめてみました。 当ページについては目次としてご利用く...

過去鬼は「TBSチャンネル」で視聴できます。

TBS CS[TBSチャンネル]はTBSの超人気番組ばかりを集めた最強の総合エンターテイメントチャンネルです。全国のケーブルテレビ、スカパー!などでお楽しみいただけます。