NHKおんな太閤記、第九回「秀吉生還」気にならない道理がない台詞と語り

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」で気になった台詞について、雪の小面ちゃんが、あれやこれやと好評寸評中!

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第九回「秀吉生還」の概要

NHKオンデマンドの場合

浅井長政の寝返りで織田軍は退却し、殿(しんがり)の秀吉は消息不明です。ねねは心配な毎日を過ごします。義妹のきいも、夫の弥助や兄たちの身を案じて、尾張の中村から出てきました。まもなくして、秀吉が命からがら逃げ帰りました。しかし、信長は岐阜へ戻って体制を立て直して、1か月後には姉川の合戦で浅井・朝倉軍を打ち破ります。信長は引き続き、比叡山を焼き討ちにし、女子供を含めて大勢の人々を殺害します。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 9回 秀吉生還 -NHKオンデマンド
浅井長政の寝返りで織田軍は退却し、殿(しんがり)の秀吉は消息不明です。ねねは心配な毎日を過ごします。義妹のきいも、夫の弥助や兄たちの身を案じて、尾張の中村から出てきました。まもなくして、秀吉が命からがら逃げ帰りました。しかし、信長は岐阜へ戻って体制を立て直して、1か月後には姉川の合戦で浅井・朝倉軍を打ち破ります。信長は...

 

第九回のクレジットタイトル

懲りた時はもう遅い

信長を信じてきた人々にとって、まさに青天の霹靂であった。秀吉の生死も分からぬまま、ねねには地獄のような何日かが過ぎていた。噂は中村にも届いた。(語り)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

じゃが、もしもほかの者が何かあった時は、ねねさともども中村へ帰ってこい(なか)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

美濃で一緒に住もうって、ねねが誘いに行った時、リスク管理のために中村に残るって、なかが言ってましたね。橋田先生が事前にネタを蒔いておかない道理がない。

NHKおんな太閤記、第七回「上洛への道」なかの道理、中々
2022年4月から、NHK BSプレミアム・BS4Kにて、橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』の再放送がスタートしました。やはり、橋田・石井ファミリーの登場が見どころの一つかもしれませんが。長年に渡って、渡鬼のキミを好...

 

女子どもで百姓をしていけば飢え死にすることはあるまい(なか)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

相変わらず、飢饉リスクを無視しない道理がない橋田先生とか(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

女子(おなご)だけでは野党とかに狙われるリスクもかなりありそうだし。橋田先生、考えが甘い(笑)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

懲りた時はもう遅いのよのう(なか)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

後悔先に立たず

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

NHKおんな太閤記においては、後々まで万能の台詞になりそう

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

男は戯けじゃ、みんな大戯けじゃ!(なか)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

なか、今頃、戯けの神様として何処かの神社とかに祀られてそう(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

昭和の男社会の中で、おんな脚本家を先駆けてきた作者だからこそ。戯けじゃの一言一言に重みがない道理がない。

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

じゃがのう、作者が「戯け」に偏りというか、頼り過ぎ(笑)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

また信長様が負け戦とあっては、道中何が起こるやもしれぬ(なか)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

戦国時代、敗戦国の庶民は人身売買の対象にされたり。特に女子(おなご)はレイプ魔と化した戦勝国の兵士から手籠めにされない法はなかったみたい。

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

戦に負けるのも、女子(おなご)を手籠めにするのも男。戯けの一言一言には、当時の女子(おなご)たちへの鎮魂が込められた様相にも。

 

きい様が来てくだすって

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

さあさあ、すすぎを(ねね)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

兎に角、作者は屋内に入る前の足のすすぎを大事になさる御人じゃ

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

足のすすぎ>手洗い

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

私は間違うていた。弥助さあを侍なんぞにしたばっかりに、孫七郎を父親(てておや)のいない子供にしてしもうた。(とも)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

てておや(笑)これも比較的、作者が好んで使う言葉

嘉助さも大戯けじゃ!侍になぞなりおって!おっ母さが言う通り、大戯けじゃ!(きい)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ともからきいへ。懲りた時はもう遅いが表現された、岡倉姉妹の連携(笑)あくまでも弥生と五月の前世が、ともときいではない法はない。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

泣いてなどおられぬわ。女子(おなご)といえども侍のおかか。(きい)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

あとで泣いても知らぬぞ

まあ、きい様が来てくだすって、家の中が明るうなった。心強う思います。(ねね)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

どうしても、きいを元気印とか、ムードメーカーとしてお茶の間に認知させない道理がない作者の依怙贔屓(えこひいき)がこの一幕にも(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

きい殿からきいに敬称が変わってるし。おみつに対してもそうだったけど。ねねが作者によって、上から目線を改めさせられた様相にも(笑)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

兄さ!兄さじゃ!(きい)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ほらね(笑)作者が、きいをかわいく魅せない法はない

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

兄さに見捨てられ、誰も知らぬ所で冷とうなって雨ざらし野ざらしじゃ!(きい)

嘉助さは兄さに殺されたも同じじゃ!(きい)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

結局、作者に泣かされる羽目に。橋田先生ったら(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

雨ざらし野ざらし

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

嘉助というよりも、秀吉ファミリーにとっての史実的伏線

 

兎に角、眠い

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

人がこれほど案じていたというのに、何も話してくれずに寝てしまう法はないではないか!(やや)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

「法はない」の活用が御手本的(笑)

兎に角、眠い(弥兵衛)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

弥兵衛の台詞、久しぶり(笑)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

弥兵衛殿、腹は減ってはおらぬのか?のう、なんぞ食べておかれた方が。弥兵衛殿!(やや)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

見りゃわかるだろ。食欲よりも睡眠欲だってことがね

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ややが口調を変えようが何しようが、弥兵衛はやっぱり眠い(笑)

 

けんどのお化け

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

あー!お化けじゃ!お化けじゃ!(きい)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

当時の泉ピン子さん、リアクションがよい(笑)そのまま、ホラーとかでも使えそうな、きいの面相とか。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

けんど、けんど、けんど(笑)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

たんと召し上がってくだされ(ねね)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

「たんと」だって(笑)橋田先生ったら

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

戯け!誰のために命を捨てるというのじゃ!(きい)

儂のためよ。儂のためよ!(嘉助)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

女子(おなご)は儂のために。儂は儂のために。橋田壽賀子作品の殿方は、専らジャイアン気質(笑)

 

はしたないこと

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

儂がついておれば信長様は御安泰じゃ(ねね)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

秀吉を真似た、ねねの口ぶり(笑)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

私は戦は嫌いでございます。御前様に偉うなっていただきとうはございません。でも、このままでは、せっかく今まで信長様がなさろうとなすったことが無になってしまいます。私は信長様に天下を治めていただきたい。早う、戦のない世の中が来てほしい。(ねね)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ねねの道理が集約された台詞

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

もう寝る!おかか、中村へ行こう。のう、中村へのう。(秀吉)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

なかから秀吉へ、中村へ帰るネタフリが繋げられた一幕。そんな気、さらさら無いくせにね(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

布団をめぐる、ねねと秀吉の攻防が舞台の一幕っぽくて美味

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

兄者は果報者じゃ。勝手気ままに言える御方がいて。(小一郎)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

小一郎の一言に、ねねがにんまり(笑)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

先ほどは、はしたないことを申し上げました(ねね)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

はしたないこと(笑)これも死語の領域に入ったかな

 

織田に勝ち目はない

岐阜へ戻った信長は、陣容を立て直すのに全精力を傾け、一か月後の六月十九日には、徳川家康の援兵をも加えた大軍を率いて岐阜を立った。そして、二十一日には早くも浅井の干城、小谷に迫り、城下はもとより江北一帯に火を放ち、小谷より七キロほど南にある横山城を包囲していた。(語り)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

既に画像の枚数が多くなってきているので、織田方の白々しかった軍議の様子は端折ります(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

一方、小谷城では

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

長政、毛利とかを忘れているぞ

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ほんと、武田とか上杉が馳せ参じてくれるといいね

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

織田に勝ち目はなかったはずなんだけど

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

儂を恨んでおろうな(長政)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

作者は、お市が綺麗事を言わざるを得ないような愚問を長政に言わせるのが御好き(笑)

 

横山城救援のために小谷城を出た長政の軍勢は、越前から駆けつけた朝倉景健の援軍と合流し、大依山に陣をとった。一方、信長はすぐさま本陣を龍ヶ鼻に陣を移し、姉川を挟んで浅井・朝倉勢と対峙した。そして、六月二十八日の朝まだき、世にいう、姉川の合戦の火蓋が切られたのである。(語り)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

姉川の戦いの情景では、本来の槍の戦い方(突くのではなく、上から叩き合う)がさりげなく描写されていたのが印象的。さて、勝敗の結果は?

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

浅井・朝倉が姉川で敗れた(義昭)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

義昭の台詞で勝敗の結果が表現されることに(笑)やはり橋田壽賀子作品、故に。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

信長には、浅井・朝倉の後ろに上様がおられることを承知と見えますな(細川藤孝)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

角野さんが喋った!

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

角野さんが橋田先生から一言だけ台詞を貰えた!

末恐ろしい器

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

また、ややがおできになります(ねね)

そうか!でかしたぞ、とも!(弥助)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

弥七郎を身籠った時に比して、弥助の慶びが足りぬ

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

弥七郎、離れろ!そなたにとって、その男はとっても危険の男

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

またそのような弱音を(とも)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ともは戦の恐ろしさを知らない。身内が殺められる悲しみもまだ

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

家康という男、末恐ろしい器じゃ(秀吉)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

後々、老害に侵された御前の所業の方が、人として末恐ろしいわい

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

いまだに面をさらしていない家康を盛るよねー(笑)橋田先生、家康に関しても今のうちから種を蒔くことに余念がない。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

儂も家康殿は恐ろしい。家康殿だけは敵には回しとうないのう。(秀吉)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

えー??この段階で家康のこと、盛り過ぎ(笑)今のうちから伏線を張っておきたい作者の思惑が見え見えといいますか。もちろん、姉川とかで武勇があったのかもしれないけど。この時期って、家康が三方ヶ原で敗れる前でしょ。それで家康が恐ろしいとか、敵に回したくないとか、台詞が時期尚早過ぎるよね。信玄とか謙信公の方がよっぽど恐ろしいと思わない道理がない。

 

ねねは、この時の秀吉の言葉を終生忘れなかった。それは秀吉にとっても、ねねにとっても、その運命を左右する人の名だったのである。(語り)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

だから種を蒔いときたい作者の気持ちはわかるけど(笑)まだ早いって

 

大事に育てねば

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

藤吉郎の血を引くのは我らの子だけじゃ。大事に産んで、大事に育てねばのう。(とも)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

まだ間に合う!とも、欲をかくな!秀吉とは距離をおけ!

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

秀吉が同じように、大事に思ってくれたらね

 

ねねの務め

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

御家来衆の御世話をするのが私の務めでございます(ねね)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

秀吉の跡継ぎをこしらえていないから。なおさら、そっちに走ることに

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

橋田壽賀子作品、故の話題かも(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

そういう話はほどほどにしてさ。レッツ、子作り!

 

ケチな根性の男

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

ケチな根性の男よ、義昭という男(秀吉)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

橋田先生、言うよねー(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

秀吉って、結果的に義昭を担ぐことができなかったから、幕府を開くの断念して。朝廷に媚び討って、関白とか太閤に走ったんじゃなかったっけ??よくわからないけど。

 

いるはずのない所にいた

元亀二年九月。信長は突如、叡山を侵し、山王二十一社、東塔の坊舎をことごとく焼き払い、老若の僧徒、千数百人を殺戮した。度重なる僧兵、門徒の反抗に報い、その跋扈を懲らしめるためであった。殺生禁断の霊場に対する信長の暴挙は、各地にある末寺の僧侶たちを震え上がらせた。(語り)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

もう、侍のおかかが嫌になりました(ねね)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

これ、前にも言ってなかったっけ?

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

後々、侍というよりも「秀吉殿のおかかが嫌になりました」と心底思う時がやがて来たる。ほんと、ねねの一生は物語になりますね。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

坊様じゃとて槍、刀を持てば侍と同じじゃ(やや)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

確かに

ただの戦と思えばよいことではないか(やや)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ある意味、ややみたいな感覚がないと兵士には向かないかもしれない

でも、女子供まで(ねね)

いるはずのない所にいたのじゃ。殺されたとて仕方あるまい。(やや)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

このあたり、作者のこだわりが光りますね

まあ!ようそんな平気なことを(ねね)

それが戦というものじゃ(やや)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ややが妙に戦を知ったような口をきいてますけど

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ややが秀吉に援護射撃の様相にも。夫の弥兵衛も秀吉の与力として叡山焼き討ちに参加していたのでしょうから、なおさら。

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

作者にとって、ねねやや姉妹は表裏一体。ねねとは逆のことを、ややが言わない法はない。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

何やら知らぬが、ねね様は御機嫌斜めじゃ。実家へは、こぼしにでも行かれたのであろう。(とも)

姉さ(小一郎)

実家が近うて御幸せじゃ。私など、こぼしとうてもこぼしに行くこともできぬわ。(とも)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

小姑の言い分(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ともはお舅や姑から逃げるために、美濃で、ねねの御荷物になることを選択したんじゃろうに。

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

それは、ないものねだりと言うものじゃ。ねねは実家が近くても子がいない。他方、ともは実家が遠くても子がいるではないか。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

そいじゃが、叡山に女子供が居ったとは知りませなんだ(小一郎)

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

やっぱり、作者のこだわりポイントだよね(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ややの台詞だけでは飽き足らず、小一郎にも言わせたよ。橋田先生、くどい(笑)

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

明らかに、ねねのカメラ目線が如実に増えてきましたね(笑)

 

叡山の焼き討ちで、秀吉が女子供を密かに逃したという話は有名であるが、叡山の焼き討ちは信長を窮地に陥れることになった。石山本願寺が上杉謙信、武田信玄に檄を飛ばし、信長包囲作戦に乗り出したからである。信長は八方を敵に囲まれ、天下統一の夢はおろか、織田家存亡の危機に直面することになったのである。(語り)

 

 

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」

 

再放送当日、渡隅ツイート抜粋

 

 

 

週刊おんな太閤記随想、第九回「秀吉生還」

第九回「秀吉生還」について、渡隅版のまとめ記事

週刊おんな太閤記随想、第九回「秀吉生還」の巻
2022年5月29日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第九回「秀吉生還」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、橋田壽賀子脚本故に、登場人物と演者の情景、気にならない道理がない台詞...

 

「気にならない道理がない台詞と語り」綴り

「気にならない道理がない台詞と語り」の各回まとめ記事

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』気にならない道理がない台詞と語り
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』について。当サイトでこしらえた各回の「気にならない道理がない台詞」を当ページに綴っています。 NHK...