週刊おんな太閤記クレジットタイトル、第八回「小豆袋」の巻

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第八回「小豆袋」

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第八回「小豆袋」のクレジットタイトルをご紹介した上で、あれこれと随想したいと思います。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第八回「小豆袋」の概要

NHKオンデマンドの場合

信長は将軍・足利義昭を擁立して上洛(じょうらく)すると、秀吉は京で守護職として義昭を見張ります。ねねは岐阜で留守を預かり、利家とまつは国許の荒子(あらこ)城主になるため岐阜を去ります。信長は、義昭と通じて信長を狙う越前・朝倉義景を攻めると、浅井長政に嫁いだ妹・お市から両端を結んだ小豆袋が届きます。信長は長政の離反を察して退却を決めると、秀吉は全軍を安全に逃がすため殿(しんがり)を務めます。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 8回 小豆(あずき)袋 -NHKオンデマンド
信長は将軍・足利義昭を擁立して上洛(じょうらく)すると、秀吉は京で守護職として義昭を見張ります。ねねは岐阜で留守を預かり、利家とまつは国許の荒子(あらこ)城主になるため岐阜を去ります。信長は、義昭と通じて信長を狙う越前・朝倉義景を攻めると、浅井長政に嫁いだ妹・お市から両端を結んだ小豆袋が届きます。信長は長政の離反を察し...

 

気にならない道理がないクレジットタイトル

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第八回「小豆袋」

 

はじまった当初の回に比して、回を重ねるごとにクレジットタイトルの妥当性が高くなってきた様相。

というわけで、クレジットタイトルの妥当性について、気になった点をピックアップします。

連名Gにも御作法あり

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第八回「小豆袋」

 

やはり、第八回でも気になったのが弥兵衛役の尾藤イサオさん。トメGよりも五枚目の方が、他のキャストとの兼ね合いも考慮した上でも妥当。というわけで、本来は何も言うことはなかったはずですが。

第八回では、殿(しんがり)の秀吉軍の中で、砲戦の一幕のみに登場。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第八回「小豆袋」

 

出演時間的には、ほんの数秒程度。しかも台詞なし。ある程度、出演時間と台詞がともなっていれば、五枚目として全然妥当なんですけどね。そういった意味で、本来であれば連名が妥当だったかもしれません。

それでは、弥兵衛の連名の可能性を探る前に、第八回における連名グループの分類に注目してみます。

 

NHKおんな太閤記の第八回「小豆袋」の場合、連名グループが大きく2つに分かれています。

前半の連名グループ:秀吉ファミリー
後半の連名グループ:秀吉ファミリー以外

 

言ってみれば、前半が譜代キャスト、後半が外様キャストの様相でしょうか(笑)

ちなみに、おみつやおあさに関しては、前半の連名グループにキャスティングされているので、秀吉グループの扱いになっていますね。

もしも、弥兵衛が連名になる場合、前半の連名Gにキャスティングされるはず。しかし、弥兵衛と連名を組む相手がいないというのが現状かも。

連名を組む相手に関しては、お互いの格が近いことが理想的のはず。

そういった意味で、夫婦役を演じた泉ピン子さんとせんだみつおさんの連名は文句なしといったところかと。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第八回「小豆袋」

 

んがしかし!夫婦役と言っても、浅茅陽子さんが連名になるのは、役者としての格を考慮した上で、あり得ないかも。朝ドラヒロイン経験などのNHKで実績がありますから。

それでは、ほかの役者さんとの連名を考えた時。尾藤イサオさんの格の方が明らかに高くなってしまい、つり合いが悪くなるのが必須かも。

故に、ほんの一瞬しか登場せず、台詞がなかった第八回において、弥兵衛役の尾藤イサオさんが五枚目におさまったのは必然的なのかもしれません。

それでも第七回では、クレジットタイトルに登場したにもかかわらず、劇中に姿がなかったので(笑)第八回では、劇中に姿を現してくれただけでも良かったと思います。

浅井長政役だった風間杜夫さん

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第八回「小豆袋」

 

連名グループの後半筆頭として名を連ねた浅井長政役の風間杜夫さん。この位置は、限りなく中Gに近い印象。それは、常軌を逸していた長台詞の量からも明らか(笑)兎に角、第八回は浅井長政の初登場が大きな目玉だったかと。

故に、中Gについては、藤岡弘さん、夏目雅子さん、風間杜夫さん、長山藍子さんとしてもよかったかな。

長山藍子さんについては、それほど大きな魅せ場はなかったですからね。中G四枚目でも十分妥当だったかと。

それに、信長役の藤岡弘さんと長政役の風間杜夫さんの間に、お市役の夏目雅子さんが挟まれることにもなります。この方が、劇中で敵対することになった夫と兄の間で苦悩する、お市の方をクレジットタイトルでも表現できて趣がありますよね。

それだけに、長政役の風間杜夫さんが連名だったのは残念。

んがしかし、当時の風間杜夫さんは、大映テレビ『スチュワーデス物語』で大ブレイクする前で、ドラマのゲスト出演枠が多かったみたいですから。

 

 

やっぱり、連名が妥当だったのかな。

せっかく作者が容赦ない長台詞を長政の為に用意してくれたのにね(笑)

 

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第八回「小豆袋」

 

第八回のクレジットタイトルツイート

 

 

週刊おんな太閤記随想、第八回「小豆袋」

第八回「小豆袋」について、渡隅版のまとめ記事

週刊おんな太閤記随想、第八回「小豆袋」の巻
2022年5月22日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第八回「小豆袋」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、橋田壽賀子脚本故に、登場人物と演者の情景、気にならない道理がない台詞と...

 

クレジットタイトル綴り

週刊おんな太閤記クレジットタイトルの各回ページを綴っています。

週刊おんな太閤記クレジットタイトル
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』について、各回のクレジットタイトルを当ページに綴っています。 NHK公式情報 週刊おんな太閤記...