NHKおんな太閤記、第七回「上洛への道」登場人物と演者の情景

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第七回「上洛への道」の登場人物と演者の情景について、あれこれと随想したいと思います。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第七回「上洛への道」の概要

NHKオンデマンドの場合

信長は念願の美濃を手に入れ、岐阜と改めます。秀吉はねねと岐阜へ移り、弟・小一郎に加えて、姉・ともの夫・弥助と妹・きいの夫・嘉助を家来にします。しかし、武士の生活が嫌いな母のなかは岐阜へは来ません。しばらくして、姉のともが長男・孫七郎(秀次)を産みます。ある日、将軍・足利義昭を美濃に迎えるための接待役に、ねねとまつに白羽の矢が立ちます。いよいよ、信長上洛(じょうらく)の日が近づいてきました。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 7回 上洛への道 -NHKオンデマンド
信長は念願の美濃を手に入れ、岐阜と改めます。秀吉はねねと岐阜へ移り、弟・小一郎に加えて、姉・ともの夫・弥助と妹・きいの夫・嘉助を家来にします。しかし、武士の生活が嫌いな母のなかは岐阜へは来ません。しばらくして、姉のともが長男・孫七郎(秀次)を産みます。ある日、将軍・足利義昭を美濃に迎えるための接待役に、ねねとまつに白羽...

登場人物と演者の情景

気になった登場人物や演者のことを、あれやこれやと随想します

 

ねね:佐久間良子さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

第七回から前髪をいじってマイナーチェンジしてきた、ねね。

まつに覚えがあって、ねねに覚えがなかった、つわりの情景。ねねとしては、心底やや子が欲しいはずなのに。佐久間良子さんが健気の面相でやり過ごした印象。この辺は、他の女優さんだったら、もっとオーバーに傷心の面相を醸し出しちゃうかもしれないけど。兎に角、感情を内に秘める、ねねを何かと佐久間良子さんが好演といった様相にも。

本人は子が授からなくて辛い、にもかかわらず、まわりのほとんどが配慮せずに子作りプレッシャーの雨あられ(笑)それでも、何事もなかったように気丈に振る舞う、佐久間ねね。自然と応援したくなるかも。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

寝屋においては、子作り世代のかわいらしい色気をしっかりとこしらえつつ。このあたりは、やはり女優さんですね。

かと思えば、秀吉ではなくて、自身が義昭公の接待役に抜擢されたことを知った、おかかの目(笑)少女漫画のようでした。

 

 

それにしても、何かとさりげなく無難に魅せてくる、佐久間良子さん。まさに正統派女優の様相を呈していましたね。

小一郎:中村雅俊さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

どさくさに紛れて、カメラ目線気味の中村雅俊さん(笑)それはさておき。

小一郎に関しても、髪型とか面相が明らかにモデルチェンジの様相にも。

 

 

京でのお役目などを、ねねやや姉妹、姉さのともに報告した時なんかは。百姓が侍になって、京デビューしたら妙にあかぬけた的な。昭和時代とかに例えるなら、中学で地味だった子の高校デビュー(笑)ほんと、一気に来たって感じ。なんか、百姓の頃に比して、何だか豪傑になった形相にも。

こうした中村雅俊さんも素敵ですね。

やや:浅茅陽子さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

兎に角、ややに扮した浅茅陽子さんの台詞回しがはやいこと、はやいこと。でも、浅茅陽子さんの場合、早口なんだけど、それでいて台詞がぐじゃってなってないから、比較的許せる範囲かな。テンポがいいよね。

 

ややの言い方(笑)

 

当初は、うるさい印象しかなかったけど。昨今では個人的に、ややがだんだんとかわいく見えてきたかも。例えば。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

この振る舞い、共演者の殿方も「浅茅さん、かわいいなあ」って思ったに相違ない(笑)ほんと、無邪気。流石、朝ドラヒロイン経験者でしたね。

まつ:音無美紀子さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

無論、橋田先生に言わされているとはいえ。まつに関しては、とものつわりを察した、あの台詞が強烈過ぎて(笑)

 

 

まつが回を増すごとに、ねねの引き立て役として存在感を発揮してきた様相にも。

弥兵衛:尾藤イサオさん

第七回ではクレジットタイトルが五枚目と言うことで、弥兵衛がどんな働きだったのか気にならない道理がなかったわけですが。

ふたを開けてみたら「弥兵衛を探せ!」状態だったから(笑)いやあ、見つけられませんでしたね。おそらく、劇中に登場していなかったと思うんですけど。

 

きい:泉ピン子さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

第七回は、なかが魅せた回ということで。別段、きいに関しては魅せ場はなく、なかの盛り立て役だった様相にも。

百姓の娘、きいに扮した当時の泉ピン子さん。相変わらず、愛嬌があってかわいかったですね。

 

 

きいに関しては、別記事で詳しく考察します。

NHKおんな太閤記、第七回「上洛への道」あさひ物語
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』。そこには、長年に渡って渡鬼の主演として活躍した橋田・石井ファミリーの泉ピン子さんも、きい役で出演されました。 というわ...

嘉助:せんだみつおさん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

嘉助の「あっ!」って(笑)これはいったい、なんだったのでしょうか??おそらく、せんだみつおさんのアドリブの様相。だって、戦国時代っぽくないし、こうしたせこいネタ(笑)橋田先生が考えるとは思えないので。

兎に角、いい時代でしたね。

信長:藤岡弘、さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

信長に関しては、義昭を接待した時の面相が印象的。何を考えているか、わからないような不気味の信長を藤岡弘、さんが醸し出していましたね。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

当時の藤岡弘、さん。乗馬の情景に関しては「この日!」とか決めて。一気に撮影したんだろうね。使い回し用に(笑)初見でなければ、分かる人も多いはず。

でも使い回しって。大河ドラマでは結構ありがちで決して珍しくはない様相にも。

というわけで、この乗馬シーン。お次はどの回で登場するでしょうか。

お市:夏目雅子さん

 

夫・浅井長政との間に茶々を授かったりと。幸せいっぱいのお市だったけど。

目力で不快感を露わにした、お市。夏目雅子さん、素敵。

御顔が凄く整ってらっしゃるので。西遊記では、清楚で凛とした三蔵法師がとっても板についていました。

 

画像:国際放映『西遊記』第3話「三兄弟 天竺への誓い」

 

無論、秀吉とお市は西遊記で既に共演。

 

伝説のドラマ「西遊記」 あの三蔵法師、本当は夏目雅子さんじゃなかった!? 堺正章が明かす裏話にとんねるず貴明もビックリ
俳優の堺正章(72)が3日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」に出演。自身が主演を務め、高視聴率を記録したドラマ「西遊記」(日本テレビ系)の“裏話”を告白し、番組…

とも:長山藍子さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

「うっ!」で表現された、とものつわり。すなわち、かわいい声を出そうなどといった邪念を微塵も感じさせなかった、おんなの吐き気。長山藍子さん、魅せましたね(笑)

ともに関しては、別記事で詳しく考察します。

NHKおんな太閤記、第七回「上洛への道」ともに記す
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kにて再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』。そこには橋田・石井ファミリーでお馴染みの顔、長山藍子さんも秀吉の姉・とも役で出演されていました。 と...

利家:滝田栄さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

まずは、嘉助の剣術指南役として。その時の台詞を、とりあえず抽出してみます。

さあ来い!(利家)

はっ!(利家)

ほらほらほら!ほいほいほい!(笑、利家)

おりゃ!(利家)

えいっ!やあっ!(利家)

大したものよ。嘉助殿はめっきり腕を上げられた(笑)お主や小一郎殿よりはるかにましじゃ(利家)

NHKの字幕による「ほいほいほい」とか(笑)

 

あとは、信長にだって何が起こるかわからないという、なかの見解に同調するため。すなわち、橋田先生からの史実的伏線を強調する役回りを担った第七回の利家。

なか:赤木春恵さん

 

第七回「上洛への道」は、ある意味では赤木春恵さんが扮した、なかの回。

橋田先生のNHKおんな太閤記において、人の道理を説く役割は、なかの務めと化しています。

色んな意味でツッコミどころ満載でしたね。

というわけで、なかについては別記事で詳しく考察します。

NHKおんな太閤記、第七回「上洛への道」なかの道理、中々
2022年4月から、NHK BSプレミアム・BS4Kにて、橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』の再放送がスタートしました。やはり、橋田・石井ファミリーの登場が見どころの一つかもしれませんが。長年に渡って、渡鬼のキミを好...

小六:前田吟さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

特に目立った魅せ場がなかった小六役の前田吟さん。

それでも魅せ場があった、なか役の赤木春恵さんではなく、前田吟さんがトメ前でした。

んが、それでいいんです。兎に角、国民的人気映画『男はつらいよ』シリーズで寅さんの義弟役だった前田吟さんがNHKおんな太閤記に名を連ねていることに大きな意義があるかな。このことが渡鬼出演にもつながっていくわけだし。個人的にはそう思っています。

秀吉:西田敏行さん

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

西遊記、然り。

西田敏行さんには、子供の頃から楽しませてもらっていますし、好きな役者さんの一人です。

んが、NHKおんな太閤記に関しては、回を追うごとに秀吉の言動行動がムカつく(笑)これには、秀吉役ということに大きく起因しています。

西田敏行さんの場合、アドリブを結構入れてきてるのが、悪い意味で個人的には何かと気になるところ。他方、橋田先生から問答無用(笑)で突きつけられた長台詞をこなして魅せてるところは流石の一言。

足利義昭に癒着する信長の意義について、教え子と化した、ねねを相手に、講師の様相を呈した秀吉の長台詞で日本史教室をこなして魅せたり。ほんと、演者に負担をかけない道理がない橋田壽賀子脚本(笑)に対して、見事の暗記力や表現力を披露されていました。

気にならない道理がない新キャスト

新たな登場人物並びに演者についてご紹介します。

 

細川藤孝:角野卓造さん

 

ワンシーンの出演でしたが、橋田先生からしっかりと長台詞を頂戴していた細川藤孝役の角野卓造さん。その印象はといえば。

面相表現がとっても豊かだったのが印象的。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

まさに、藤孝百面相(笑)

 

NHKおんな太閤記、第七回「上洛への道」角野卓造さんが扮した細川藤孝の一幕
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kにて再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』。第七回「上洛への道」には細川藤孝役で角野卓造さんが登場しました!これは、気にならない道理がないですね。 ...

足利義昭:津村隆(現・津村鷹志)

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

ねね曰く、足利何とか様こと、足利義昭に扮した津村鷹志(旧芸名・津村隆)さん。

結構な、はまり役の様相にも。兎に角、津村隆さんの見事な鼻が諸国を放浪していた「腐っても鯛」っぽくて(笑)

津村隆さんと言えば、NHKおしんや渡鬼といった他の橋田壽賀子作品にも何かとゲスト出演されていましたね。

 

 

 

 

画像:NHK『おんな太閤記』第七回「上洛への道」

 

 

週刊おんな太閤記随想、第七回「上洛への道」

第七回「上洛への道」について、渡隅版のまとめ記事

週刊おんな太閤記随想、第七回「上洛への道」の巻
2022年5月15日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第七回「上洛への道」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、橋田壽賀子脚本故に、登場人物と演者の情景、気にならない道理がない台...

 

登場人物と演者の情景、綴り

登場人物と演者の情景の各回ページを綴っています。

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』登場人物と演者の情景
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』について、各回の登場人物と演者の情景を当ページに綴っています。 NHK公式情報 週刊おんな太閤...