週刊おんな太閤記クレジットタイトル、第六回「一夜城主」の巻

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第六回「一夜城主」のクレジットタイトルをご紹介した上で、あれこれと随想したいと思います。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第六回「一夜城主」の概要

NHKオンデマンドの場合

秀吉は小一郎や小六らと一夜で墨俣(すのまた)城を築き、城代として常駐します。隣家の利家とまつに第一子が生まれると、ねねも子どもを欲しくなりました。永禄10年(1567)8月、信長が美濃に総攻撃をかけると、秀吉の調略活動や前線部隊長としての活躍が功を奏し、稲葉山城は陥落。秀吉は信長から瓢箪(ひょうたん)の馬印を許されますが論功行賞はなく、気落ちします。しかし、ねねに励まされてやる気を取り戻します。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 6回 一夜城主 -NHKオンデマンド
秀吉は小一郎や小六らと一夜で墨俣(すのまた)城を築き、城代として常駐します。隣家の利家とまつに第一子が生まれると、ねねも子どもを欲しくなりました。永禄10年(1567)8月、信長が美濃に総攻撃をかけると、秀吉の調略活動や前線部隊長としての活躍が功を奏し、稲葉山城は陥落。秀吉は信長から瓢箪(ひょうたん)の馬印を許されます...

気にならない道理がないクレジットタイトル

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

第五回からの幕引き直前では、きいが、ねねがいる小牧山に姿を現して。嘉助が侍になることに憧れて、きいやなかの反対を押し切って秀吉がいる墨股城へ行ってしまったと状況説明。そして、嘉助を帰すように言ってほしいと、ねねに懇願。

故に、第六回は、きいと嘉助の夫婦が大いに活躍することに。

他方、第六回は、夏目雅子さんと赤木春恵さんがお休み。

というわけで、第六回のクレジットタイトルで気になったことを随想します。

あくまでもクレジットタイトルの妥当性を検証します。役者さんの好き嫌いとかとは異なる観点となります。

 

滝田栄さんと中村雅俊さんのトレード

前回までは、二枚目が小一郎役・中村雅俊さん、トメG一枚目が利家役・滝田栄さんが定位置状態となっていましたが、第六回では再びお二人がトレードした形。

第六回では、利家役・滝田栄さんの役の重要度や活躍が大きいという判断でしょうか。ヒロイン・ねねが墨股に行く際には供の者をつけたり。まつにややが生まれたりで。このこともあってか、子供が欲しい願望をねねがアピールしたところで第六回が幕引き。

小一郎も結構活躍していたとは思いますが、第六回は利家の活躍の方が勝ったという判断の様相。

兎に角、妥当でしょうね。

五枚目に、せんだみつおさん

侍になるために墨股城に向かった嘉助。秀吉の身内ということで、役の重要度は高め。加えて、第六回の序盤で大活躍の様相を呈したことからも。嘉助役・せんだみつおさんの五枚目は、妥当と言えば妥当。他の大河ドラマに比して、登場人物の数がコンパクトにまとめられた様相ですし。

中Gに泉ピン子さん

なか役・赤木春恵さん、お市役・夏目雅子さんの登場がなかったことがあってか。

きい役・泉ピン子さんがトメ前を抜けて中G二枚目へ。

役の重要度や活躍の度合いとかを考慮すれば、妥当と言えば妥当。

しかしながら、当時の格を考慮すれば。これまでのトメ前もそうでしたが、藤岡弘、さんと長山藍子さんの間に挟まれた中G二枚目というのは。泉ピン子さんの評価が高い様相にも。この点に関しては、他の橋田壽賀子作品でも同様のことが言えます。

そもそも、きいという役どころが物語の中で重要度が高いので。その役に抜擢されたということは、クレジットタイトルに関しても厚遇されるのは当然と言えば当然の倣い。

 

泉ピン子さんは橋田先生の旦那さんのお気に入りでもありましたから。でも、橋田壽賀子作品で重用されたことで、結果的に泉ピン子さんは大女優になったわけです。

橋田壽賀子作品における泉ピン子さんのキャスティングは、いつの時代も重用度が高く、色んな意味で別枠、特別枠の様相を呈していましたので。クレジットタイトルに関しても、例外的にとらえる必要がありそうです。

ただ、第六回のきいに扮した泉ピン子さん。パフォーマンスに関しては勢いがあり、橋田先生の御期待に立派に応えて遊ばされたという印象。素晴らしかったですよね。

トメG

利家役・滝田栄さんとトレードして、中村雅俊さんがトメG一枚目に入ったことで。秀吉と身内を含んだ配下でまとめられたトメG。

ちなみに、繰り返しになるかもですが、NHKおんな太閤記のトメ前って、ある意味で独特。ただ、これまでのトメ前は、きいにしても弥兵衛にしても秀吉の身内だから、役の重要度は高め。それ故に、役者さんの格を抜きにして考えれば、きいや弥兵衛のトメ前は妥当と言えば妥当という判断にも。しかしながら、当時の制作サイドの思惑はいまいち計り知れないところ。

弥兵衛役の尾藤イサオさんは、ヒロインと一対一で絡んだ情景もありましたが。トメ前よりもトメG二枚目、もしくは前に上がって六枚目とかの方がしっくりくるかも。やはり、小六役の前田吟さんの方が、色んな意味でトメ前として無難かも。台詞の数や量など、第六回における活躍の度合いも高かったと思いますので。

個人的に、尾藤イサオさんの好感度が決して低いわけではありません。しかしながら、役者さんの好感度とクレジットタイトルの妥当性は、別物として捉える必要があります。

 

ちなみに、弥兵衛のおかかで、やや役・浅茅陽子さんとの連名になる道理もないですね。それは、浅茅陽子さんが朝ドラヒロイン経験者であったりと、役者としての格が高いから。

NHK朝の連続テレビ小説『マー姉ちゃん』の田中裕子さんについては、三枚目が多かったのですが、出演者の登場が多い回とかは連名になったりしていました。ただし、田中裕子さんと浅茅陽子さんの大きな違いは、朝ドラのヒロイン経験。無論、田中裕子さんがヒロインになったのは、マー姉ちゃんの後のおしん。他方、浅茅陽子さんは、おんな太閤記に出演する前、すでに朝ドラヒロインを経験していました。こうした実績がクレジットタイトルに影響しない道理がない。

やや役・浅茅陽子さんの格が高い分、それが弥兵衛にも色んな意味で影響している様相にも。

兎に角、クレジットタイトルは奥が深いものです。

まとめ

橋田壽賀子作品故というのも、多かれ少なかれ影響してそうなNHK大河ドラマ『おんな太閤記』。

他作品に比して、登場人物がある程度セーブされているので、クレジットタイトル的にはわかりやすいのですが。

兎に角、橋田壽賀子先生に重用された当時の泉ピン子さんがパフォーマンスでしっかりと結果を残したということで(笑)

第六回のクレジットタイトルツイート

 

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

 

週刊おんな太閤記随想、第六回「一夜城主」

第六回「一夜城主」について、渡隅版のまとめ記事

週刊おんな太閤記随想、第六回「一夜城主」の巻
2022年5月8日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第六回「一夜城主」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、橋田壽賀子脚本故に、登場人物と演者の情景、気にならない道理がない台詞と...

 

クレジットタイトル綴り

週刊おんな太閤記クレジットタイトルの各回ページを綴っています。

週刊おんな太閤記クレジットタイトル
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』について、各回のクレジットタイトルを当ページに綴っています。 NHK公式情報 週刊おんな太閤記...