NHKおんな太閤記、第六回「一夜城主」あさひ物語

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』。そこには、長年に渡って渡鬼の主演として活躍した橋田・石井ファミリーの泉ピン子さんも、きい役で出演されました。

というわけで、第六回「一夜城主」で泉ピン子さんが扮した、きいに注目してみました。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第六回「一夜城主」の概要

NHKオンデマンドの場合

秀吉は小一郎や小六らと一夜で墨俣(すのまた)城を築き、城代として常駐します。隣家の利家とまつに第一子が生まれると、ねねも子どもを欲しくなりました。永禄10年(1567)8月、信長が美濃に総攻撃をかけると、秀吉の調略活動や前線部隊長としての活躍が功を奏し、稲葉山城は陥落。秀吉は信長から瓢箪(ひょうたん)の馬印を許されますが論功行賞はなく、気落ちします。しかし、ねねに励まされてやる気を取り戻します。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 6回 一夜城主 -NHKオンデマンド
秀吉は小一郎や小六らと一夜で墨俣(すのまた)城を築き、城代として常駐します。隣家の利家とまつに第一子が生まれると、ねねも子どもを欲しくなりました。永禄10年(1567)8月、信長が美濃に総攻撃をかけると、秀吉の調略活動や前線部隊長としての活躍が功を奏し、稲葉山城は陥落。秀吉は信長から瓢箪(ひょうたん)の馬印を許されます...

泉ピン子さんのクレジットタイトル

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

あさひの一幕

第六回では何かと大活躍の様相を呈した、きい。

というわけで、これまでの「あさひ物語」では、きいの口調を模倣しながら(笑)ブログ記事を展開していましたが。とりあえず、第六回では、きいの台詞を忠実に拾いつつ、雪の小面ちゃんがツッコミなどを入れていく所存です。

随所に漂わせた、おなごの色気

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

墨股城へ向かった嘉助を中村に連れ戻すために。義姉・ねねを頼った、きい。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

申し訳ねえ!あんなうつけを亭主に持ったばっかりに、義姉様にまでとんだ迷惑かけて(きい)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

この「申し訳ねえ!」の言い方。後のNHKおしんのふじに類似していく様相にも。

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

この一幕の泉ピン子さん。おなごの色気が漂っていましたね(笑)見方によっては女郎的。率直に「かわいい」面相を醸し出していた印象。

 

義姉様と墨股へ

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

利家の配慮にて、供の者をつけてもらったことで。何事もなく墨股にたどり着いた、ねねときい。

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ねねときいに供をつけた橋田先生。このあたりも、おなごが弱いことを前提とした繊細の一幕。

 

性根を入れ替えてやるう!

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

嘉助の姿を目の当たりにした、きいが一気に戦闘員と化した一幕

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

くノ一とでも言いますか、JAC(ジャパンアクションクラブ)とでも言いますか(笑)

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

剣道の「めーん!」が決まって「よっしゃ!」の様相を呈した爽快の一幕(笑)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ガッツポーズが飛び出しそうな勢いでしたね。共演者にガッツ石松さんが名を連ねていただけに。

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

きいと嘉助のコントラストが絶品過ぎて(笑)せんだみつおさんのリアクションに座布団二枚ですね。上手い。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

鬼のような、きいであっても。やっぱり、おなごの一面を随所に垣間見せた当時の泉ピン子さん。かわいい。

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

橋田先生の夫・岩崎嘉一さんに気に入られた所以をもっと大事にしてもよかったかもね。要するに、泉ピン子さんはかわいかったんだよ。結果的に、大女優路線を歩むことになったけど。万人に愛されるという意味では。お茶目な面を売りにしてもよかったような。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

離せえ!叩いてえ、あのうつけの性根を入れ替えてやるう!(きい)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

当時の泉ピン子さんって。この一幕でも存分に女優魂を魅せつけようと躍起だったから。中村雅俊さんも結構パワーが要ったと思うよ。羽交い締めにするのにも。

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

語尾の「入れ替えてやる!」がかわいい(笑)

 

兄さに物怖じせず

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

兄さ、嘉助さ連れて戻る!(きい)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

しっかりと意向を表明した、きいだったけど

 

なんじゃとお!(きい)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

第六回のきいは、長台詞が免除された一方で、勢いで魅せることができる短い台詞が多かったですね。この点に関しても、橋田先生が配慮してそう。

 

嘉助が侍になって何が悪い!儂は儂の才覚がある!おかかじゃとて、余計な差し出口は許さぬぞ(秀吉)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

先行きの不安を予見させるような、凄く嫌な一面を垣間見せた、兄さの秀吉。

 

そんな勝手な話があるか!田や畑はどうするんじゃ!おっかさや儂はどうなるんじゃ!
嘉助さが戦で死んだら、儂は嫌じゃ!嘉助さを返してくだされ!(きい)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

これまでとは一変した、兄さに対する、きいの反抗。それでも、兄さの意向を変えることができずに。きい、奮戦空しくの様相。

 

墨股の宴会中

ねねときいの歓迎会の様相を呈した墨股城の宴会にて。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

カメラ目線気味の中村雅俊さんが右隣

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

左隣には、せんだみつおさんも

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

当時の泉ピン子さん。ここでも、若さ故のかわいさが随所に

 

夜襲にて避難中

墨股で酒盛り中に、斎藤勢の夜襲を喰らったことで。小一郎兄さにいざなわれて、ねねと緊急避難した、きい。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

いよいよ戦か、悪いとこへ来たのう(きい、発話不明瞭)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

きいだけ照明が当たっていなかったけど。これは色んな意味で致し方なかったね

 

まだ大きな戦があんのか?(きい)

そのための砦じゃ(小一郎)

それはいつじゃ?(きい)

さあのう、一年先か二年先か(小一郎)

それまで嘉助さは帰ってこんのか?(きい)

好きでここに来たんじゃ、仕方あるまい(小一郎、発話不明瞭)

二人とも、ここを動かぬように、大丈夫じゃ(小一郎)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

質問魔のきいがうざかったのかな?小一郎がどっか行っちゃったし(笑)

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

儂はもうあきらめた。兄さには負けたわあ。義姉様も苦労なさるのう(きい)

あんな戯けに惚れた、儂が因果じゃ。侍になったら出世してもろうて、好き放題贅沢させてもらうわ。偉うならねば、ただではおかぬわ(きい)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

結局、嘉助が侍になることを容認せざるを得なかった、きい

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

夜襲に怯えつつ、傍らで、ねねに守られていた、きい。この一幕も、若さ故に、かわいい。

 

戦に行ったような気に

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

とりあえず、秀吉一門がひとつの情景に勢ぞろいした回。なか、とかはいなかったけど。

 

見破られなんだのか?(きい)

ふくべは見えたのか?(きい)

矢や鉄砲の球は飛んできたのか?(きい)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

ここでも、子供にありがちの質問魔に扮したことで。天真爛漫のきいが表現された一幕。橋田先生ったら、依怙贔屓(えこひいき)なんだから(笑)

 

おお、肩が痛うなったわ。儂まで戦行ったような気になる(きい)

 

雪の小面ちゃん
雪の小面ちゃん

視聴者を戦に行った気にさせたかった橋田先生。その手にはのらない(笑)

 

大活躍だった泉ピン子さん

当時の格からしても。泉ピン子さんにとって、きいを演じていて役者冥利に尽きたんじゃないかな。まさに登り龍といった様相で、これでもかというくらい、勢いのパフォーマンスで魅せまくっていましたからね。

しっかり活躍してこいと言わんばかりに、橋田先生が、きいの魅せ場を意図的にこしらえにきてた様相にも。泉ピン子さんとしては、そんな橋田先生からの期待に応えない道理がなかったわけです。

その後の朝ドラや大河ドラマの橋田壽賀子作品に起用され続けて止まなかった泉ピン子さん。平成に入ってくると、名実ともに主演役者の地位を確立させたわけですが。昭和の頃だと、重用度の高さが目立っていたかも。だって、大河ドラマ『いのち』なんか、名だたる大先輩の役者さんが出演された中、宇津井健さんの登場がない回なんて、結構トメに入ってましたからね。

だから、泉ピン子さんに関しては、いつの時代も別枠、別格扱いの様相を呈した橋田壽賀子ドラマ。でも、やっぱり実力があったからこそ、名実ともに上り詰めることができたんでしょうね。

もちろん、泉ピン子さんに関しては、個人的に好きな役者さんの一人であることは言うまでもないですね。

 

以上、下記のブログ記事から引用

NHKおんな太閤記、第六回「一夜城主」橋田壽賀子脚本、故に
NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第六回「一夜城主」における橋田壽賀子脚本らしかった部分をあれこれと随想します。 ネタバレ、御免! 第六回「一夜城主」の概要 NHKオンデマンドの場合 秀吉は小一郎や小六らと一夜...

 

 

画像:NHK『おんな太閤記』第六回「一夜城主」

 

次の登場回につづく

あさひ物語ツイート

 

あさひ物語綴り

泉ピン子さんが扮した、きいについて、あれやこれやと渡隅が随想した各登場回ページが綴ってあります。

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』あさひ物語
2022年4月から橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』の再放送がNHK BSプレミアム・BS4Kにてスタートしました!そこには、長年に渡りTBSの渡鬼で主演を担ってきた橋田・石井ファミリーの泉ピン子さんが、きい役でキャ...