週刊おんな太閤記クレジットタイトル、第五回「墨股築城」の巻

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第五回「墨股築城」

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第五回「墨股築城」のクレジットタイトルをご紹介した上で、あれこれと随想したいと思います。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第五回「墨股築城」の概要

NHKオンデマンドの場合

信長は、秀吉の申し入れで対面に訪れた鵜沼城主・大沢基康を斬るように命じます。そうなると、鵜沼城に残り人質になった秀吉の命が奪われます。ねねの願いが通じたのか、利家と柴田勝家が信長を説得して、基康の斬殺を思いとどまります。秀吉は人質から解放されると、長良川の対岸に墨俣(すのまた)城を築く総大将を引き受けます。敵を前面に迎え撃ちながらの危険な築城です。ねねは秀吉の身を案じながらも覚悟を決め励まします。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 5回 墨股(すのまた)築城 -NHKオンデマンド
信長は、秀吉の申し入れで対面に訪れた鵜沼城主・大沢基康を斬るように命じます。そうなると、鵜沼城に残り人質になった秀吉の命が奪われます。ねねの願いが通じたのか、利家と柴田勝家が信長を説得して、基康の斬殺を思いとどまります。秀吉は人質から解放されると、長良川の対岸に墨俣(すのまた)城を築く総大将を引き受けます。敵を前面に迎...

週刊おんな太閤記随想、第五回「墨股築城」

第五回「墨股築城」について、渡隅版のまとめ記事

週刊おんな太閤記随想、第五回「墨股築城」の巻
2022年5月1日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第五回「墨股築城」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、橋田壽賀子脚本故に、登場人物と演者の情景、気にならない道理がない台詞と...

気にならない道理がないクレジットタイトル

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第五回「墨股築城」

 

第五回は、お市役・夏目雅子さん、とも役・長山藍子さんの出演なし。

これにより、特に中Gの布陣が気になりました。

四枚目まで揺るぎなし

主演から四枚目までは不動。これはやはり、役の重要度と演者の格を考慮しても揺るぎない様相。

四枚目のまつ役・音無美紀子さんも、徐々に登場時間が増えてきましたし。

トメG

トメGは再び、利家役・滝田栄さん、なか役・赤木春恵さん、きい役・泉ピン子さん、トメに秀吉役・西田敏行さん。

どうしても当時の役者の格としては、トメ前が弱い気がしますが。きいに関しては、兎に角、役の重要度が高いということで。

改善案としては、小六役・前田吟さんがトメGに加わって、利家役・滝田栄さん、小六役・前田吟、なか役・赤木春恵さん、秀吉役・西田敏行さん、ということも考えられますが。

中Gとの兼ね合いがありますので。

中G

中G一枚目に関しては、よっぽどの大物が登場しない限り、信長役・藤岡弘、さんの定位置。

中G二枚目には小六役・前田吟さん、同じく三枚目に弥兵衛役・尾藤イサオさん、同じく四枚目に嘉助役・せんだみつおさん。秀吉の配下や義弟たちですっきりまとめた印象。順番も妥当。

お市役の夏目雅子さん、とも役の長山藍子さんが第五回はお休みということで、こうした中Gもありなのかなと。中Gが藤岡弘、さんお独りだと、必要以上に藤岡弘、さんが大物であることを強調しすぎてしまうので。中G二枚目に小六役・前田吟さんが入ったのはよい判断だったかと。

まとめ

主演から四枚目までは、ねね役・佐久間良子さん、小一郎役・中村雅俊さん、やや役・浅茅陽子さん、まつ役・音無美紀子さん。妥当。

中Gは、信長役・藤岡弘、小六役・前田吟さん、弥兵衛役・尾藤イサオさん、嘉助役・せんだみつおさん。妥当。

トメGは、利家役・滝田栄さん、なか役・赤木春恵さん、きい役・泉ピン子さん、トメに西田敏行さん。トメ前が気になるものの、とりあえず可。

故に、第五回のクレジットタイトルは、ほぼ妥当。

第五回のクレジットタイトルツイート

 

クレジットタイトル綴り

週刊おんな太閤記クレジットタイトルの各回ページを綴っています。

週刊おんな太閤記クレジットタイトル
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』について、各回のクレジットタイトルを当ページに綴っています。 NHK公式情報 週刊おんな太閤記...