NHKおんな太閤記、第四回「美濃攻略」おみつの刻

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』。渡鬼の邦子など、橋田・石井ファミリーでお馴染みの顔になった東てる美さんが、おみつ役で姿を現しました!これは気になる。

というわけで、第四回「美濃攻略」で当時の東てる美さんが扮した、おみつに注目してみました。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第四回「美濃攻略」の概要

NHKオンデマンドの場合

秀吉の仕事は敵国・美濃の調略です。秀吉は美濃の土豪・蜂須賀小六を織田方につくように説得します。小六は尾張の織田につくか、美濃の斎藤につくかを迷っていましたが、ねねが夫の秀吉を信じて必死に尽くす姿に心を打たれ、信長ではなく秀吉の家臣になる決心をします。信長の妹・お市は浅井長政に嫁ぐことが決まり、美濃攻めの地固めが整います。秀吉の次の仕事は、斎藤方の鵜沼城主・大沢基康を味方につけることです。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 4回 美濃攻略 -NHKオンデマンド
秀吉の仕事は敵国・美濃の調略です。秀吉は美濃の土豪・蜂須賀小六を織田方につくように説得します。小六は尾張の織田につくか、美濃の斎藤につくかを迷っていましたが、ねねが夫の秀吉を信じて必死に尽くす姿に心を打たれ、信長ではなく秀吉の家臣になる決心をします。信長の妹・お市は浅井長政に嫁ぐことが決まり、美濃攻めの地固めが整います...

おんな太閤記随想、第四回「美濃攻略」

第四回「美濃攻略」について、渡隅版のまとめ記事

週刊おんな太閤記随想、第四回「美濃攻略」の巻
2022年4月24日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、橋田壽賀子脚本故に、登場人物と演者の情景、気にならない道理がない台詞...

東てる美さんのクレジットタイトル

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

おみつの一幕

第三回「同胞」のエンディング間際、蜂須賀小六の謀反を秀吉に密告した、おみつ。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第三回「同胞」

 

秀吉の客人だった、おみつが、第三回では土塀修理の職人頭たちの前で舞を披露したり、酌をしてまわったりと。終いには、蜂須賀小六の館に「主」の秀吉を向かわせるために馬まで用意した気の利きよう。もうすっかり、秀吉の僕(しもべ)というか、間者と化していた、おみつ。

というわけで、秀吉が小六の館に向かった一方、おみつは。

利家に怒鳴られる

 

この一幕、利家の急変が(笑)特に、おじゃる発言のすぐ後だったからなおさらかな。おみつを曲者として、ここまで大袈裟に強調しすぎなくても。橋田先生ったら(笑)

おしんに比して、色んな意味で橋田先生の試行錯誤が垣間見える様相にも。

でもそこは、おみつでしたね。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

利家に怒鳴られようが、至ってクールビューティーの女。動じない(笑)

目力は凛として。東てる美さんの透明感が漂っていた様相にも。

っていうか間者だけに。ある意味で透明人間っぽい、おみつ。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

何奴呼ばわりしてきた利家に対しても、とりあえず会釈。あくまでも慎ましい、おみつ。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

一礼を終えて。おみつの目力が先ほどよりも幾分、強まった印象。

当時の東てる美さんだからこそ。ビジュアルの魅せ方は手慣れているというか、上手い。

 

利家:知り人か?

ねね:はい、わたくしどもに長く出入りしている、客人でございます。

出典:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

ねねは、おみつのことを秀吉の手下としては見ていない様相。

 

ねねからの紹介を受けて、また一礼。

それはそうと。

 

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

おみつが、ねねの知り人であることを知ったにもかかわらず。緊張感の余韻に浸りながら劇中から静かに姿を消した利家の一幕。滝田栄さん、妙に醸し出してたなぁ(笑)

質問タイム!

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

利家が姿を消した後、ねねや小一郎からの質問コーナーに。

聞き手(ねね):そなた、秀吉殿に会われたのか?

語り手(みつ):詳しいことは、お許しくださいませ。いずれ、秀吉からお話あそばす日もございましょう。今はただ、ご無事とだけ。

出典:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

おみつ的にはもう、秀吉が主であることを言葉遣いで主張してましたね。

それにしても、おみつが秀吉に雇用された経緯とかが気になるところ。特に、お給金とか(笑)

 

聞き手(小一郎):おみつ殿は、兄さの手の者か?

語り手(おみつ):はい。

出典:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

おみつが、客人ではなく、自ら秀吉の手の者であることを明らかに。

 

聞き手(小一郎):兄さの下で何をしてる?

語り手(おみつ):敵方の様子などを隠のうちに。

出典:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

この説が濃厚だね。結構、橋田先生は連想命名術の使い手だから(笑)

おみつの一存

おなご(女子)の方が、敵の目を欺きやすうございます。それではあたくしは。

出典:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

橋田先生、男女比でもって「おんな」を強調してきたね。

 

みつ:務めがございます。

ねね:わざわざあたくしに、秀吉殿の無事を知らせに?

みつ:これはあたくしの一存でしたこと。ねね様のお気持ちをお察しして。

出典:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

多かれ少なかれ、ねねに対して恩着せがましかった、おみつ(笑)

おみつが隠密という、おなごの務めがあるにもかかわらず。

わざわざ、ねねを安心させるために気を利かせた、おみつの一存。

で、次の務めは。

屋根裏に潜む

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

これで黒装束だと、もっと笑っちゃうんだけど。

でも、屋根裏に潜めるスキルがあれば、立派な忍者だよね。

そこで、おみつが見た景色と言えば。

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

主の秀吉と謀反な小六の情景。

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第四回「美濃攻略」

 

潜んでるなぁ、おみつ(笑)秀吉の身が危なくなったら、一気に下に舞い降りる予定だったのか。

兎に角、おみつが屋根裏から秀吉を見守っているテイでしたが。

もちろん、秀吉と小六の会見と屋根裏のおみつは別撮りでしょうね(笑)

 

次回の登場回に続く

第四回、おみつの刻ツイート

 

「おみつの刻」綴り

東てる美さんが扮したおみつについて、あれやこれやと渡隅が随想した各登場回ページが綴ってあります。

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』おみつの刻
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kにて。橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』の再放送がスタートしました!そして、第二回「足軽女房」から、おみつ役で東てる美さんがレギュラー陣として加わった次第。 そ...