週刊おんな太閤記クレジットタイトル、第三回「同胞」の巻

画像:NHK『おんな太閤記』秀吉愛蔵「雪の小面」

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第三回「同胞」のクレジットタイトルをご紹介した上で、あれこれと随想したいと思います。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第三回「同胞」の概要

NHKオンデマンドの場合

ねねは、清洲城の塀が3日で修理できなければ藤吉郎の首が飛ぶと心配して、尾張の中村に藤吉郎の母・なかを訪ね、義弟・小一郎の協力を頼みます。なかは藤吉郎の無鉄砲な行いに怒りをぶつけますが、小一郎に、ねねのために清洲に行くことを許します。そして、ねねや小一郎の協力があって、塀は見事に完成します。藤吉郎はこの功績によって、信長から正式に武士の身分に取り立てられて、藤吉郎秀吉と名のることになります。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 3回 同胞(はらから) -NHKオンデマンド
ねねは、清洲城の塀が3日で修理できなければ藤吉郎の首が飛ぶと心配して、尾張の中村に藤吉郎の母・なかを訪ね、義弟・小一郎の協力を頼みます。なかは藤吉郎の無鉄砲な行いに怒りをぶつけますが、小一郎に、ねねのために清洲に行くことを許します。そして、ねねや小一郎の協力があって、塀は見事に完成します。藤吉郎はこの功績によって、信長...

週刊おんな太閤記随想、第三回「同胞」

第三回「同胞」について、渡隅版のまとめ記事

週刊おんな太閤記随想、第三回「同胞」の巻
2022年4月17日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第三回「同胞(はらから)」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、あれやこれやと随想したいと思います。 ネタバレ、御免! ...

気にならない道理がないクレジットタイトル

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第三回「同胞」

 

マスコットガール

 

クレジットタイトルの背景動画としては、何とも地味な印象ですからね。

その中で、毎度のことながら、秀吉愛蔵「雪の小面」の存在感が大きい。

同胞(はらから)

第三回「同胞」。一見すると「どうほう」と読みたくなるのに。それを「はらから」と読ませたいのが橋田壽賀子脚本。橋田先生、サブタイトルでいきなりひねりを加えてきた様相にも(笑)

同胞(はらから)の意味 – goo国語辞書

ここでいう同胞(はらから)とは、同じ母から生まれてきた兄弟姉妹のこと。

二枚目の中村雅俊さん

小一郎は、藤吉郎とねね夫婦にとって、かけがえのない存在になっていきます。

今回の土塀修理では、ねねの依頼を受け入れて、兄・藤吉郎の手足となって働いたわけです。

小一郎役の中村雅俊さん、まさに二枚目が妥当の様相を呈してきました。

せんだみつおさんが五枚目

藤吉郎の妹・きいと祝言を挙げた百姓の嘉助役で第三回に初登場だった、せんだみつおさん。

「なはなは」でブレイクされたのが印象に残っています。

後の大河ドラマ『春日局』にも出演されたことなど、NHKの橋田壽賀子作品では、比較的、お馴染みの顔に。

中G

第三回の中Gは、藤岡弘、さん、夏目雅子さん、長山藍子さんのお三方。

藤岡弘、さんをドカーンと先頭に持ってきつつ、後ろの長山藍子さんと一緒に、人気抜群の夏目雅子さんを囲んだ様相。

「1藤岡弘>2夏目雅子<3長山藍子」みたいな(笑)特に、夏目雅子さんは、輿に乗ったお市がほんの一瞬映っただけ。

見た目的に無難ですね。故に、妥当です。

役名が前田利家に

前回からトメG一枚目に布陣した滝田栄さん。

いよいよ、役名が前田犬千代から前田利家に。見た目的にも役が重たくなってきましたね。

上述したと通り、小一郎役の中村雅俊さんが二枚目で妥当の様相を呈してきていますから。

必然的にトメG一枚目が滝田栄さんの定位置になってきそう。

まとめ

とりあえず、主演から四枚目までとトメGに関しては定位置化。

新たに五枚目で嘉助役のせんだみつおさんが初登場。

中Gは「1藤岡弘>2夏目雅子<3長山藍子」で、人気抜群の夏目雅子さんを先頭の藤岡弘、さんと後ろの長山藍子さんで囲った形。

 

クレジットタイトル綴り

週刊おんな太閤記クレジットタイトルの各回ページを綴っています。

週刊おんな太閤記クレジットタイトル
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』について、各回のクレジットタイトルを当ページに綴っています。 NHK公式情報 週刊おんな太閤記...