NHKおんな太閤記、第二回「足軽女房」おみつの刻

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

 

2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』。第二回「足軽女房」では、渡鬼の邦子など、橋田・石井ファミリーでお馴染みの顔になった東てる美さんが、おみつ役で姿を現しました!これは気になる。

そこで、第二回「足軽女房」で当時の東てる美さんが扮した、おみつに注目してみました。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第二回「足軽女房」の概要

NHKオンデマンドの場合

ねねと藤吉郎との新婚生活が始まりました。藤吉郎は足軽組頭でしたが、持ち前の才能を発揮して、薪(まき)係、台所係を務めた後、足軽大将に取り立てられます。新しい屋敷を与えられ、隣の屋敷には前田犬千代とまつが住み親交も深まります。ねねは、体を使うことは苦になりませんが、藤吉郎の突拍子もない行動と貧乏には苦労します。ある日、藤吉郎は清洲城の塀(へい)を3日で修理すると信長に大見得を切ってしまいます。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 2回 足軽女房 -NHKオンデマンド
ねねと藤吉郎との新婚生活が始まりました。藤吉郎は足軽組頭でしたが、持ち前の才能を発揮して、薪(まき)係、台所係を務めた後、足軽大将に取り立てられます。新しい屋敷を与えられ、隣の屋敷には前田犬千代とまつが住み親交も深まります。ねねは、体を使うことは苦になりませんが、藤吉郎の突拍子もない行動と貧乏には苦労します。ある日、藤...

おんな太閤記随想、第二回「足軽女房」

渡隅が第二回の視聴を経て、あれやこれやと随想した記事

週刊おんな太閤記随想、第二回「足軽女房」の巻
2022年4月10日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二回「足軽女房」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、あれやこれやと随想したいと思います。 ネタバレ、御免! 第二...

東てる美さんのクレジットタイトル

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

 

おみつの一幕

組頭だった藤吉郎。薪係や台所方の功績が認められて足軽大将に出世。

組頭用の屋敷というか織田家の社宅から、今度は前田犬千代・まつ夫婦の隣家で、足軽大将用の屋敷というか織田家の社宅にお引越し。そして。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

永禄五年(一五六二)秋

 

藤吉郎が足軽大将になってから、藤吉郎の奇妙な行動がねねを悩ませはじめた。

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二回「足軽大将」語りより引用

こうした行動も、秀吉の真骨頂でしたね。

兎に角、秀吉は槍働きでどうのこうのしようとか考えてなかった、といった様相を橋田先生が描写した印象。

何も言わずに出かけて、何日も家を空けたと思うと、得体の知れぬ男や女を伴ってふらっと帰ってくる。ねねが訳を聞いても、藤吉郎は知らん顔であった。

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二回「足軽大将」語りより引用

 

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

この一幕では、山伏のような男、そして、みつのことを「客人」として藤吉郎がねねに紹介。

これ、山伏のような男がいるってことは、諸国をまわっている人を招いたってことだよね。橋田先生の描写、とってもわかりやすい。

頼朝公に追われて諸国を逃げている時の義経公のコスチューム、やっぱり山伏姿がありがちでしたし。

やはり、秀吉は槍働きとかではなく、諜報活動とかの知恵を駆使することで飯を食っていこうという魂胆だね。無論でしたが。

このことは、第一回「出会い」の中で、藤吉郎が犬千代を伴って浅野宅にお邪魔した際、桶狭間の戦いの一番の恩賞が、桶狭間に義元公がいるという情報をもたらした簗田政綱(やなだまさつな)殿だと、橋田先生が藤吉郎に言わせたことからも明らか。

だから、藤吉郎が山伏とか、おみつとかと諜報活動の契りを交わした感じだろうね。

大体、得体の知れぬ男とか女と言えば、やっぱりそんな者だよね、あの時代(笑)

 

とはいっても、得体の知れぬ男たちを逗留させるのってリスクが大きいよね。

藤吉郎が留守中、他に使用人とかがいれば別だけど、現状は、おなごのおかか、独り。

そういった意味でも、ある意味では、おなごのおみつが居てくれると安心と言えば安心の様相にも。

とは言っても、第二回では得体の知れぬ女。果たして、どのような素性の女なのか?

クールビューティーの女

得体の知れぬ女・みつとして第二回が初登場だった当時の東てる美さん。ほんと、クールビューティーの様相を呈し過ぎましたよね(笑)個人的には物凄く色気を感じるおなごといった印象。タイプだなぁ(笑)

ねねに対して会釈しつつ、飛ばした視線が何やら世間を知り尽くしたような面相にも。←ここ、ポイント(笑)

当時の東てる美さん、かわいかったですよね。

この作品の後も、大河ドラマ『徳川家康』でお万を演じたりとかするんだけど。戦国時代のおなごのロン毛がよく似合うんですよ、また(笑)

東てる美さんが扮した、おみつ。渡鬼の邦子とか、おしんの加代のイメージとは一味も二味も違います。今後のおみつには要注意といったところでしょうか。

というわけで、次の登場回でまたお会いしましょう!

第二回、おみつの刻ツイート

 

「おみつの刻」綴り

東てる美さんが扮したおみつについて、あれやこれやと渡隅が随想した各登場回ページが綴ってあります。

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』おみつの刻
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kにて。橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』の再放送がスタートしました!そして、第二回「足軽女房」から、おみつ役で東てる美さんがレギュラー陣として加わった次第。 そ...