NHKおんな太閤記、第二回「足軽女房」登場人物と演者の情景

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二回「足軽女房」の登場人物と演者の情景について、あれこれと随想したいと思います。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第二回「足軽女房」の概要

NHKオンデマンドの場合

ねねと藤吉郎との新婚生活が始まりました。藤吉郎は足軽組頭でしたが、持ち前の才能を発揮して、薪(まき)係、台所係を務めた後、足軽大将に取り立てられます。新しい屋敷を与えられ、隣の屋敷には前田犬千代とまつが住み親交も深まります。ねねは、体を使うことは苦になりませんが、藤吉郎の突拍子もない行動と貧乏には苦労します。ある日、藤吉郎は清洲城の塀(へい)を3日で修理すると信長に大見得を切ってしまいます。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 2回 足軽女房 -NHKオンデマンド
ねねと藤吉郎との新婚生活が始まりました。藤吉郎は足軽組頭でしたが、持ち前の才能を発揮して、薪(まき)係、台所係を務めた後、足軽大将に取り立てられます。新しい屋敷を与えられ、隣の屋敷には前田犬千代とまつが住み親交も深まります。ねねは、体を使うことは苦になりませんが、藤吉郎の突拍子もない行動と貧乏には苦労します。ある日、藤...

週刊おんな太閤記随想、第二回「足軽女房」

第二回「足軽大将」について、渡隅版のまとめ記事

週刊おんな太閤記随想、第二回「足軽女房」の巻
2022年4月10日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第二回「足軽女房」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、あれやこれやと随想したいと思います。 ネタバレ、御免! 第二...

登場人物と演者の情景

第二回「足軽女房」で気になる登場人物・演者についてピックアップしました。

ねね役の佐久間良子さん

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

 

これからのねねは最終回まで兎に角長い。無論、物語の中では一番若い頃のねねです。

演者としては、必然的に、かわいかったり、お茶目の言い回しを意識するのは当然。

物語が進めば、逆に若さが抜けてきたねねに近いづいていくわけで。

だからこそ、当時の佐久間良子さんがシャイ気味に表現した、若くて可愛らしいねねが目立つわけですね。

これはねねに限ったことではなく。各演者のチャーミングポイントに注目しつつ物語を嗜むのも乙かもしれませんね。

藤吉郎役の西田敏行さん

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

お美代たちに交じって。水仕事に励む我が「おかか」を左後方から観察する藤吉郎の絵面が勝ち誇り過ぎてて(笑)何とも偉そうというか知ったような口の藤吉郎を西田敏行さんが巧みに表現して止まないわけです。

当時は『池中玄太80キロ』とかで大人気でしたからね。無論、表現力的にも一流だったわけです。

それにしても。おかかに対して、ほんとに偉そうな藤吉郎を好演されています。

小一郎役の中村雅俊さん

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

第一回は初回拡大版の90分放送で登場されたのは1シーンのみ。それが、第二回の通常放送45分で2シーンの登場。小一郎の登場密度が上がってきたということで、徐々に存在感を発揮してきた様相の中村雅俊さん。

兄の藤吉郎から銭の話を持ちかけられたりして「じぇに、じぇに」言うから(笑)

つい思い出したのは。

 

前田犬千代役の滝田栄さん

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

第一回はクレジットタイトル二枚目にふさわしい獅子奮迅の活躍を魅せた、前田犬千代役の滝田栄さん。

それが第二回では大きく印象が抑えられた様相にも。

薪の商人・佐兵衛を追い払った情景では。さりげなく、ねねからのおもてなしの心で提供された白湯の扱いが気になりましたね。

器を持ちつつも、白湯を飲まなかった(笑)

おそらく、脚本による指示に従った結果だと思いますけど。

やや役の浅茅陽子さん

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

 

自ら発したツイートからもわかる通り。

兎に角、ややがうるさい(笑)

何だか、姉のねね専属の瓦版みたいでしたね(笑)

他方、浅茅陽子さんはNHKおしんで熟年の道子を演じてましたから。そのギャップが大きいかも。

ただ、ややに関してもこれから年を重ねていくわけですからね。

やーやー騒いでいる若いややを嗜める時代は全話を通じて長くはないかと。

それでも、演者や視聴者にとっては、ある意味で忍耐の刻がもうしばし続く様相。

まつ役の音無美紀子さん

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

当時の音無美紀子さんも類にもれず。

兎に角、物語の中で若い時代のまつを演者がこしらえてきているはずですから。

しっかりと若作りが表現されてますね。

信長役の藤岡弘、さん

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

比較的、台詞が少ない印象の藤岡信長。それだけに「であるか」とか言い出しそうな雰囲気も醸し出されていますね(笑)

藤吉郎を普請奉行に抜擢した時、厳しめの言葉を浴びせた後に、口元をゆるめてニヤリと微笑みも投げかける藤岡弘、さんが素敵かも(笑)

あとは、スタジオ内での乗馬シーン。

馬が西田敏行さんめがけて突進したら洒落にならなかったから(笑)

なか役の赤木春恵さん

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

 

藤吉郎への嫌みとか苦言とか。赤木春恵さんが表現すると、どうしても渡鬼のキミとかぶるんですよね。この点は必然的かな。

当時、金八先生で桜中学の校長先生にも扮しておりましたが。間違いなく、キミとは別人だった記憶が残ってます。

きい役の泉ピン子さん

泉ピン子さんが扮した、きいについては、別記事「あさひ物語」でご紹介しています。

NHKおんな太閤記、第二回「足軽女房」あさひ物語
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』。そこには、長年に渡って渡鬼の主演として活躍した橋田・石井ファミリーの泉ピン子さんも、きい役で出演されました。...

とも役の長山藍子さん

映画『東京大空襲 ガラスのうさぎ』に出演された後の時代ですよね。

当時はまだ三十代だったのかな。

渡鬼を見慣れていると、いかにして第二回のともが若いか。よくわかるものです。

 

別記事「ともに記す」でご紹介しています。

NHKおんな太閤記、第二回「足軽女房」ともに記す
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kにて再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』。そこには橋田・石井ファミリーでお馴染みの顔、長山藍子さんも秀吉の姉・とも役で出演されていました。 と...

みつ役の東てる美さん

第二回で初登場だった、おみつ役の東てる美さん。

 

別記事「おみつの刻」でご紹介しています。

NHKおんな太閤記、第二回「足軽女房」おみつの刻
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』。第二回「足軽女房」では、渡鬼の邦子など、橋田・石井ファミリーでお馴染みの顔になった東てる美さんが、おみつ役で...

お美代役の大鹿次代さん

第一回に続いて。第二回にも登場した、お美代役の大鹿次代さん。

第二回ではっきりしたこと、それは。

藤吉郎の中の「美味い雑炊の作り手ランキング」でトップの座をねねに奪われたということ。

個人的に気になったのは。お美代の旦那さんってどんな人かなってことでした。

佐兵衛役の児玉謙次さん

薪を扱う商人・佐兵衛役で登場した児玉謙次さん。

さりげなく、NHK『おしん』で泉ピン子さんと共演されてますね。

ちなみに、第二回「足軽女房」で泉ピン子さんと同じ場面に登場することは無く。

登場場面では、佐久間良子さんや滝田栄さんと共演。

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

薪係・藤吉郎の奥方・ねねの懐柔に失敗した一幕でした。

普請奉行役の奥村公延さん

画像:NHK『おんな太閤記』第二回「足軽女房」

さりげなく、一緒にいて無口だった前田犬千代も気になるところですが。

後の大河ドラマ『いのち』にも出演することになる奥村公延さんが普請奉行役でゲスト出演。

 

家康は後ろ姿のみ

清州城で信長と面会して同盟を結んだようですが。

家康は後ろ姿のみ(笑)

でも、この判断は妥当かも。色んな意味で、今は登場できないよね。

もう少し、時代の経過が必要かも。

登場人物と演者の情景、綴り

登場人物と演者の情景の各回ページを綴っています。

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』登場人物と演者の情景
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』について、各回の登場人物と演者の情景を当ページに綴っています。 NHK公式情報 週刊おんな太閤...