NHKおんな太閤記、第一回「出会い」橋田壽賀子脚本、故に

画像:NHK大河ドラマ『おんな太閤記』

 

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第一回「出会い」における橋田壽賀子脚本らしかった部分をあれこれと随想します。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第一回「出会い」の概要

NHKオンデマンドの場合

永禄3年(1560)5月、織田軍は桶狭間の合戦に勝利して清洲城下に凱旋します。浅野又右衛門の娘・ねねは父の安否を気づかって隊列の中に父を探します。すると、前田犬千代(利家)と木下藤吉郎(秀吉)が傷を負った又右衛門に付き添って現れました。ねねは藤吉郎に見初められますが、犬千代にひかれます。しかし、犬千代にはまつという妻がいました。ねねも次第に藤吉郎の温かい心にひかれていき、やがて祝言を挙げます。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 1回 出会い -NHKオンデマンド
永禄3年(1560)5月、織田軍は桶狭間の合戦に勝利して清洲城下に凱旋します。浅野又右衛門の娘・ねねは父の安否を気づかって隊列の中に父を探します。すると、前田犬千代(利家)と木下藤吉郎(秀吉)が傷を負った又右衛門に付き添って現れました。ねねは藤吉郎に見初められますが、犬千代にひかれます。しかし、犬千代にはまつという妻が...

週刊おんな太閤記随想、第一回「出会い」

第一回「出会い」について、渡隅版のまとめ記事

週刊おんな太閤記随想、第一回「出会い」の巻
2022年4月3日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第一回「出会い」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、あれやこれやと随想したいと思います。 ネタバレ、御免! 第一回「...

気にならない道理がない橋田壽賀子脚本

どちらかと言えば、演者というよりも、脚本の要素が強い点をピックアップしてみました。

すなわち、橋田壽賀子脚本の醍醐味に注目します。

時代を問わず、握り飯

桶狭間の夜、ねねとややが握り飯をこしらえる情景がありましたね。

ほんと、橋田先生ったら(笑)

無力のおなご

桶狭間の日の一幕でしたね。

この点は、作者の主張が目立っていた印象にも。

小ネタ

さりげなく、橋田先生のユーモアが光った一幕にも(笑)

作者、盛る

演者が佐久間良子さんでしたからね。確かに盛りたくなるよね。

実際のねねがどうだったかは別として。

秀吉を走らせる

若い頃の秀吉ですからね。

でも、やっぱり犬千代の草履取りにしか見えなかった(笑)

口が過ぎる≠ビンタ

姉のねねが藤吉郎への嫁入りを決めた時も。母のこいから「やや、言葉が過ぎます」とか言われていたし。

渡鬼だったらまずビンタをお見舞いされている情景かも。

さすがにこの点は、現代劇と時代劇で作者なりに区分けでもしたのかな。

 

 

決め手に欠ける??

藤吉郎の長話を聞いて、嫁入りすることにしたねね。

犬千代の援護射撃があったにせよ。

もう少し、わかりやすいハプニングというかイベントらしき出来事があってもよかったかも。

おかかアピール

あんだけ「おかか、おかか」言わせてイチャつかせれば。

そりゃ、流行語にもなるわな(笑)

「橋田壽賀子作品、故に」綴り

各回の「橋田壽賀子作品、故に」ページのまとめ記事

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』橋田壽賀子脚本、故に
2022年4月からNHK BSプレミアム・BS4Kで再放送がスタートした橋田壽賀子作品の大河ドラマ『おんな太閤記』について。橋田壽賀子脚本故に面白いをテーマに、当サイトでこしらえた各回の「橋田壽賀子脚本、故に」を当ページに綴...