週刊おんな太閤記随想、第一回「出会い」の巻

画像:NHK『おんな太閤記』第一回「出会い」

 

2022年4月3日にBSプレミアム・BS4Kで再放送されたNHK大河ドラマ『おんな太閤記』第一回「出会い」を視聴しない道理がないわけです。というわけで、あれやこれやと随想したいと思います。

ネタバレ、御免!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第一回「出会い」の概要

おんな太閤記 – NHK.JPの場合

永禄3(1560)年、桶狭間の合戦から戻った藤吉郎(西田敏行)は犬千代(滝田栄)と、娘のねね(佐久間良子)とやや(浅茅陽子)を目当てに、戦で傷を負った又右衛門(久米明)の見舞いに出かける。藤吉郎が自分の手柄のように戦の話をしていると、美濃攻めの召集がかかり、出て行く2人を心配げに見送るねねとやや。戦のあと、信長(藤岡弘)に認められた犬千代の祝いに行くと、犬千代には妻のまつ(音無美紀子)がいて…。

おんな太閤記
戦国時代から徳川初期までを生き抜いた豊臣秀吉の正妻・北政所・ねねの生涯を描く。常に女性の立場、庶民の立場から時代の行く末を冷静に見通したねねの生きかたを中心に、変革の時代を女性の視点で描く。さまざまな女性にスポットを当て、女性たちの心をきめ細かく映し出した、一味違う戦国ドラマ。 【作】 橋田壽賀子 【音楽...

 

NHKオンデマンドの場合

永禄3年(1560)5月、織田軍は桶狭間の合戦に勝利して清洲城下に凱旋します。浅野又右衛門の娘・ねねは父の安否を気づかって隊列の中に父を探します。すると、前田犬千代(利家)と木下藤吉郎(秀吉)が傷を負った又右衛門に付き添って現れました。ねねは藤吉郎に見初められますが、犬千代にひかれます。しかし、犬千代にはまつという妻がいました。ねねも次第に藤吉郎の温かい心にひかれていき、やがて祝言を挙げます。

大河ドラマ おんな太閤記(たいこうき) 第 1回 出会い -NHKオンデマンド
永禄3年(1560)5月、織田軍は桶狭間の合戦に勝利して清洲城下に凱旋します。浅野又右衛門の娘・ねねは父の安否を気づかって隊列の中に父を探します。すると、前田犬千代(利家)と木下藤吉郎(秀吉)が傷を負った又右衛門に付き添って現れました。ねねは藤吉郎に見初められますが、犬千代にひかれます。しかし、犬千代にはまつという妻が...

気にならない道理がないクレジットタイトル

第一回のクレジットタイトルについては、別記事でご紹介しています。

週刊おんな太閤記クレジットタイトル、第一回「出会い」の巻
NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第一回「出会い」のクレジットタイトルをご紹介した上で、あれこれと随想したいと思います。 第一回「出会い」の概要 NHKオンデマンドの場合 永禄3年(1560)5月、織田軍は桶...

気にならない道理がない登場人物と演者

第一回「出会い」で気になった登場人物と演者の情景については、別記事でご紹介しています。

NHKおんな太閤記、第一回「出会い」登場人物と演者の情景
NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第一回「出会い」の登場人物と演者の情景について、あれこれと随想したいと思います。 ネタバレ、御免! 第一回「出会い」の概要 NHKオンデマンドの場合 永禄3年(1560)5月、...

気にならない道理がない橋田壽賀子脚本

どちらかと言えば、演者というよりも、脚本の要素が強い点をピックアップしてみました。

別記事でご紹介しています。

NHKおんな太閤記、第一回「出会い」橋田壽賀子脚本、故に
NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第一回「出会い」における橋田壽賀子脚本らしかった部分をあれこれと随想します。 ネタバレ、御免! 第一回「出会い」の概要 NHKオンデマンドの場合 永禄3年(1560)5月、織田...

気にならない道理がないお決まりの台詞

ここでは橋田壽賀子作品に頻出しがちの台詞に注目しました。

別記事でご紹介しています。

NHKおんな太閤記、第一回「出会い」気にならない道理がない台詞
NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第一回「出会い」の中で、気になった台詞について随想します。 ネタバレ、御免! 第一回「出会い」の概要 NHKオンデマンドの場合 永禄3年(1560)5月、織田軍は桶狭間の合戦に...

気にならない道理がない劇中用語

現代では聞きなれない劇中用語をピックアップしてみました。

別記事でご紹介します。

NHKおんな太閤記、第一回「出会い」気にならない道理がない用語
NHK大河ドラマ『おんな太閤記』第一回「出会い」の中で、気になった劇中用語をご紹介します。 ネタバレ、御免! 第一回「出会い」の概要 NHKオンデマンドの場合 永禄3年(1560)5月、織田軍は桶狭間の合戦に...

総括

初回90分拡大放送だけあって。Twitter実況もしたせいか、個人的には非常に疲れた回。

おまけに、こんな記事までこしらえましたからね(笑)

でもやっぱり、橋田壽賀子脚本の醍醐味は存分に味わえた内容かも。

おしんと違って、コミカルの情景も結構あったりするから。

次回の第二回にもこうご期待ですね。

 

画像:NHK『おんな太閤記』第一回「出会い」

 

NHKおんな太閤記随想(綴りページ)

NHK大河ドラマ『おんな太閤記』について、渡隅版の各回のまとめ記事が綴ってあります。

週刊おんな太閤記随想
2022年4月3日、それは橋田壽賀子先生の一周忌前日。いよいよ、BSプレミアムとBS4KにてNHK大河ドラマ『おんな太閤記』の再放送が幕開け! それに伴いまして、再び「壽賀塾」を始動させます! 具体的な取り組みと...