三越劇場「ありがとう 今・・・」水前寺清子さんと石井ふく子さんのトークショーで懐かしむ昭和の金字塔

三越劇場 ありがとう 今・・・

2018年6月27日(水)15時より三越劇場にて水前寺清子さんと石井ふく子さんがTBSホームドラマ『ありがとう』を振り返る対談「ありがとう 今・・・」が開催されるそうな。これは気になる。

ということで、水前寺清子さんと石井ふく子さん、そして昭和の時代に放送されたTBSドラマ『ありがとう』についてご紹介します。

スポンサーリンク

水前寺清子さんと言えば

渡隅が幼少の頃、ブラウン管テレビに目を向ければ、お茶の間に頻繁に登場されていたのが水前寺清子さん。ベリーショートなヘアスタイルに着物姿で何とも凛々しいかな。あの時代の「元気の象徴」的な存在でしたね。

水前寺清子さんの芸能活動については、オフィシャルウェブサイトをご参考ください。

歌手・水前寺清子の公式ホームページです

エンターテイナーの水前寺清子さんらしい、煌(きら)びやかな公式サイトですなぁ。

ちなみに、ホームページアドレスは「chita365」。水前寺清子さんの愛称「チータ」と大ヒット曲『三百六十五歩のマーチ』の365を合わせたみたいですね。

当時、民衆にマーチング衣装を流行らせたかもな水前寺清子さん。

コスプレの最先端を走られたわけですなぁ。

当時、渡隅が通っていた小学校の全校集会(確か毎週月曜日の朝)を終えると、各クラス・児童が立ち去る時に、何かと演奏してくれていた鼓笛隊。中でも最上級生の6年生で長(おさ)のような子に関しては、楽器を持たずに、上記ジャケット写真のようなマーチング衣装を着て真ん中でひたすらバトンを突き上げて足踏み。指揮者としての役割があったのかも。

とにかくTBSホームドラマ『ありがとう』のご出演前から、水前寺清子さんの人気は絶大だったわけです。

石井ふく子さんと言えば

昭和時代のTBS『肝っ玉かあさん』、『ありがとう』、『おんなの家』など、ホームドラマのプロデューサーとして有名な石井ふく子先生。

平成時代においても『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』のプロデューサーとして、さらに舞台演出家としてもご活躍なわけです。

橋田壽賀子作 石井ふく子演出。炉端焼店「花舎」を舞台に、三人姉妹が繰り広げる、てんやわんやの騒動記。

かなり細部にまでこだわりが反映された明治座『おんなの家』。

石井ふく子先生の演出、かなり厳しそうですが。

“石井ふく子先生が毎日差し入れてくださる、おにぎり。具もお米も絶品です。”

出演者の方々への労いも忘れない石井ふく子先生であります。

厳しさと優しさをあわせ持つ石井ふく子先生を心から慕う役者さんは多いわけです。

石井ふく子先生と、お食事会。デザートタイムに感謝の言葉と花束を…先生。大好き!この『おんなの家』をご覧になった皆様の感想。「こんなに笑ったの久しぶり」「泣いた…

石井ふく子先生のこだわり、何とか次世代に継承されてほしいものです。

TBSドラマ『ありがとう』

それではTBSホームドラマ『ありがとう』とは何か、確認していきたいと思うのですが。

昭和時代の作品ということで、公式情報がないのは当然と言えば当然だったりと。

ということで、頼りになるのはやはり↓

ありがとう (テレビドラマ) – Wikipedia

当時、驚異的な視聴率を叩きだした空前絶後なホームドラマだったようです。

しかし、渡隅にとっての『ありがとう』は、TBSで再放送されていたことが記憶に残っている程度。率直に『ありがとう』のストーリーを説明できるだけの力はありません。

ただ、平成時代が終りを迎えた昨今において、『ありがとう』は昭和時代劇として非常に見応えがありそうです。

石井ふく子が手がけた、総合病院を舞台に人間模様を描くホームドラマ。水前寺清子の親しみやすいキャラクターと、石坂浩二との恋模様が人気となり、当時日本中を席巻した話題作。

地上波で再放送されたら意外と高視聴率になるかも。

朗報、舞い込む!

とある日のこと。突然の如く、朗報が舞い込んできました。

もちろん、石井ふく子先生をお慕いしている藤田朋子さんから。

石井ふく子先生と水前寺清子さんのトークショーがあるそうです!@三越劇場『ありがとう』観に行きたい…先生、すごい雨です。
石井ふく子先生、とにかく「お元気そうで何より」と思った瞬間。

2018年6月27日(水)三越劇場「ありがとう 今・・・」と題して、水前寺清子さんと石井ふく子さんが当時を振り返るスペシャルトークショーがあるようです。

昭和時代に一大ブームを巻き起こしたTBSのホームドラマ『ありがとう』。

お二人のトークが『ありがとう』の公式情報であって、さらに逸話まで拝聴できてしまうスペシャル対談なわけです。

何とも楽しみな「ありがとう 今・・・」なわけです。

まとめ

昭和時代のTBSホームドラマ『ありがとう』に出演されていた水前寺清子さんとプロデューサーの石井ふく子さん、そしてお二人のトークショー「ありがとう 今・・・」(三越劇場)をご紹介しました。

365日「生涯現役」で、今後のご活躍がますます楽しみなわけです。