清水由紀さんが明治座「坂本冬美特別公演 泉ピン子友情出演」で歩んだ恋桜の花道

令和元年六月、明治座「坂本冬美特別公演 泉ピン子友情出演」に渡鬼の小島貴子役でお馴染みの清水由紀さんが第一部「恋桜-いま花明かり-」に正子役で好演されました。

渡隅(私)も実際に観劇しましたが、演歌界の大物で座長の坂本冬美さんとさしで渡り合う場面があったりと、物語を展開させる上で重要な役どころを担われていましたね。

ということで、明治座「坂本冬美特別公演 泉ピン子友情出演」で活躍された清水由紀さんに注目してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明治座公式

明治座 6月公演 「坂本冬美特別公演」
明治座 6月公演 「坂本冬美特別公演」2019年6月1日(土)~27日(木)

清水由紀さんのご紹介

渡鬼出演者・清水由紀さんのご紹介
TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』小島貴子役の「清水由紀」さんに関する公式情報等をご紹介します。 渡鬼公式情報 トップページ TBSテレビ:橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』 2017年...

当サイトがこしらえた清水由紀さんのご紹介ページ。

以下に記載の公式情報や関連情報などもおさえています。

公式情報

清水由紀オフィシャルブログ Powered by Ameba

清水由紀 | オスカープロモーション

関連情報

清水由紀さんのレギュラー番組!

小山田将のシネマサプリ

正子の花道

明治座「坂本冬美特別公演 泉ピン子友情出演」の第一部「恋桜-いま花明かり-」に正子役で活躍された清水由紀さんの情景を公式ブログ記事などから引用してまとめてみました。

最後のお稽古

何処となく恐縮した感じが双肩から醸し出されている印象。

清水由紀さんの幟(のぼり)

清水由紀さんと幟のツーショット。

ほんと役者さんの幟ってカッコいいんだよね。

 

兄・太吉役を好演された丹羽貞仁さんの幟と並んでいましたね。

正子の舞台衣装

 

衣裳も担当されている石井ふく子先生のセンスでしょうか。

いかにも石鹸とか作っていそうな感じですね。

楽屋の鏡台

明治座の舞台で個室の楽屋を用意されること。

それは、幟をこしらえてもらえることと同様、選ばれた証。

意味深な面相

千穐楽が近づいてきた寂しさが醸し出されているようにも。

晴れ舞台に向かう正子

自らを演出する正子役の清水由紀さん。おそらくマネージャーさんの協力を経て。

 

この写真はなかなかの秀作。雰囲気出ているなぁ。

石井ファミリーの一員として

坂本冬美さんの座長公演に参加できたのは、渡鬼で姑役だった泉ピン子さん、そして石井ふく子さんの影響が大きいのかもしれません。

恩師や大先輩を前面に立てながら自らは後ろに下がりつつも中央を何とか死守した清水由紀さん。可愛がられるはずですよ。色んな意味で好感が持てますね。

のれんの重み

のれん(暖簾)に「福」のマークが入っているということで。おそらく石井ふく子先生から清水由紀さん江の贈り物なんでしょうね。ほんと品があって素敵な暖簾です。

それにしても。石井ふく子先生って。まわりからお世話されてもおかしくはない年齢なのに。いまだに色んな方々をお世話していて凄いなぁ。

森山愛子さんと一緒に

出演者の中では森山愛子さんと仲がよろしかった様相。

ということで、ここからは森山愛子さんのブログ記事に関するツイートなども絡めていきたいと思います。

やっぱり前に出過ぎない

ほかの出演者と一緒の時には前に出過ぎない清水由紀さん。本当にわきまえているなあ。

「森山愛子十五周年」Tシャツを身にまとって

森山愛子さんのブログ記事バージョン。

 

清水由紀さんのブログ記事バージョン。

 

そして、いつか座長公演を実現させたい森山愛子さん。

改めて森山愛子さんと清水由紀さんの友情公演が観てみたい将来。

 

まだまだ写っています!

ここからは出演者の小林茂樹さん、和太鼓アーティストの大塚宝さん、さらに観劇に来られた石井ファミリーの藤田朋子さんのツイートをご紹介します。

小林茂樹さん

しっかりカメラが三田村邦彦さんをとらえています。

 

ここでも三田村邦彦さんが!

大塚宝さん

座長・坂本冬美さんのオンステージでは何とも見事なパフォーマンスを披露された大塚宝さん。

上記のブログ記事の中に清水由紀さんと一緒に写っている写真が掲載されていました。

藤田朋子さん

石井ファミリーな藤田朋子さん。

ということで、上記のブログ記事の中に丹羽貞仁さんと清水由紀さんと3人で一緒に写られた写真が掲載されていました。

まとめ

明治座「坂本冬美特別公演 泉ピン子友情出演」で清水由紀さんに注目してみました。

改めていつの日か「森山愛子特別公演 清水由紀友情出演」の実現に期待したいものです。

 

↑どことなく演じているような憂いを醸し出した清水由紀さんの面相が艶っぽいかも(笑)