おんな脚本家を先駆けた橋田壽賀子さんの幕引き

スポンサーリンク

 

白血病を乗り越えて日本選手権に挑んだ池江璃花子選手が東京五輪代表に内定した令和3年4月4日。急性リンパ腫のため、一人のベストセラー作家が静かに息を引き取っていました。

NHK『おしん』やTBS『99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~』などの名作を世に送り出し、ベストセラー作家の名をほしいままにした「おんな脚本家」の先駆け、橋田壽賀子先生。享年95歳。

逝去された翌日、突然の訃報が日本全国を駆けめぐりました。当然の如く、渡隅にも情報が流されてきました。それは、信じたくない、受け入れたくない、残念で悲しく、厳しい現実の直視。

只々、淋しい。

特に、半世紀以上に渡って盟友として苦楽を共にしてきた石井ふく子Pの悲しみは計り知れません。ご高齢でもありますし、やっぱり心配です。

以下、橋田壽賀子先生の突然の訃報、著名人からの追悼コメント、さらにはTBSが放送した「ぴったんこカン・カン 追悼特別企画 ありがとう橋田壽賀子先生」など、気になったことをまとめてみました。多大なる功績を遺し、その生涯の幕をひっそりと閉じたレジェンド作家に改めて想いを馳せたいと思います。

 

スポンサーリンク

訃報、お断り!

訃報というものは、突然に襲ってくるということを改めて痛感した橋田先生の死。

有名人の方であれば、大抵は都内の病院に入院したとか、情報が漏れてくるのが当たり前の様相を呈していましたが。橋田先生の体調が良くなかったことについては、ごく一部の人しか把握していなかったようです。逆に言えば、大抵の人が寝耳に水だったわけです。

渡隅がレジェンドの死を知ったのは、さりげなく出先で眺めたtwitter。はっきり言えば、橋田先生がこの世を去ることについては断固として拒否するつもりでしたが。なかなか都合よくいかないものです。

 

 

続いて、石井ふく子P、泉ピン子さんの追悼コメントについてもTBSニュースが発信しました。

 

「404エラー」TBS NEWS 動画ニュースサイト
TBSの動画ニュースサイトTBS NEWSです。

 

お二人の追悼コメントが寄せられたのは早かったですね。

やはり、橋田先生にとってはお二人は特別だったわけです。

そして、橋田先生の最期に泉ピン子さんが立ち会ったことも知りました。

その後、納骨などにも立ち会ったようです。

 

泉ピン子、「納骨」涙で報告 橋田壽賀子さんと今治で最後の別れ
 4日に急性リンパ腫のため死去した脚本家、橋田壽賀子さん(享年95)の遺骨が9日、愛媛・今治市の寺院で納骨されたことが分かった。

 

橋田先生の御骨は、御両親が眠る愛媛・今治市の寺院に納められ、長年暮らした熱海市内の寺院にも分骨されるとのこと。

熱海市と言えば、生前に決まっていた名誉市民の称号を橋田先生に贈りましたね。

 

橋田壽賀子さん名誉市民に 創作拠点の静岡・熱海
 静岡県熱海市は10日、同市の自宅で4日に95歳で死去した脚本家、橋田壽賀子さんの功績をたたえ、名誉市民の称号を贈った。

 

こうなったら国民栄誉賞も授与してほしいところ。

無論、おしんという「文化」を日本に普及させた功績は大きい。

 

橋田壽賀子さんへの追悼コメント綴り

渡鬼ファミリーなど、各著名人からの追悼コメントについては別記事でまとめました。

 

橋田壽賀子さんへの追悼コメント綴り
NHK『おしん』やTBS『99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~』などの名作を世に送り出した橋田壽賀子さんが、急性リンパ腫のため、令和3年4月4日に死去されました。 その突然の訃報を受けて、渡鬼ファミリー...

 

橋田先生亡きあとの想いが追悼コメントに散りばめられており、渡隅の気持ちを代弁してくれています。以下、気になったコメントを抜粋します。

 

・不死身の方と思っていましたのに(三田佳子さん)

・ちょっと毒舌の様で、実は可愛らしく、お茶目(三田佳子さん)

・突然の訃報に、今さまよっている私がいます(長山藍子さん)

・先生の言葉がいつも私の気持ちを引き締めてくれます(藤田弓子さん)

・寂しい気持ちでいっぱいです(小林綾子さん)

・ショックです(野村真美さん)

・どうしよう(藤田朋子さん)

・時が止まってしまいました(中島唱子さん)

・まだとても信じられません(仲間由紀恵さん)

・ただただ心にぽっかり穴が空いた(馬渕英里何さん)

・常に深々とご挨拶をしてくださる姿(上戸彩さん)

・またひょっこり戻ってきてくれるんじゃないか(渋谷飛鳥さん)

・この先ずっとずっと書き続けられると思っていた(石坂浩二さん)

・お元気だと思っていた(前田吟さん)

・渡る世間は愛ばかり(井上順さん)

・私にとって実の母とともに橋田先生、石井先生はもう2人の母であり俳優としての屋台骨を支えてくださる大恩人です。その1本の柱が無くなってしまいました(角野卓造さん)

・まだ⼼の整理がつきません(船越英一郎さん)

・あまりの急なことに今はまだ嘘ではないかと思う気持ちです(植草克秀さん)

 

大半の方が橋田先生のご病気を存じ上げていなかった様相でした。

 

哀悼の意

エンタメに尽力された著名人などの死に関して、「渡る世間の片隅でtwitter」で祭壇を設けるかのように哀悼の意を表するのが渡隅の通例となっています。

大半はクレジットタイトルの画像ツイートを発信していますが、作品選びで迷うことが多く、橋田先生に関しても例外ではありませんでした。

橋田先生がこしらえた感動作として真っ先に思いつくのが、TBS『99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~』です。

しかしながら、日経新聞「私の履歴書」で橋田先生が書き記したことが脳裏をよぎりました。

 

 

やはり、橋田壽賀子先生の代表作は『おしん』

 

というわけで、橋田先生が亡くなったショックに苛まれながらも、哀悼の画像ツイートを何とかこしらえました。

 

 

オーソドックスではありますが、やはり橋田先生の代表作。

題字を左、お名前を右にしてしまいましたが、左右逆の方が見栄えが良かったかなと。それは、縦書きのクレジットタイトルの場合、概して右から左に流れていくイメージがあるからです。

どうしても動揺していましたし、致し方ないところです。

 

さらにもう一つの後悔が発生。

最終回ではなく、第1回の方が良かったかなということ。

それは、小林綾子さんのブログ記事で気づきました。

 

小林綾子『橋田先生』
大切な橋田寿賀子先生が、天国へ旅立たれました。10歳で「おしん」に出演させて頂いてから、先生のドラマや舞台にこれまで沢山出演させて頂いてきました。本当に感謝し…

 

橋田先生がお亡くなりになった4月4日は、NHK『おしん』の初回放送がスタートした日でした。

このことは全くのノーマーク。

やはり「急がば回れ」という教訓について、小林綾子さんを経由しつつ、橋田先生から教えられた思いです。

 

あと、渡隅twitterが画像ツイートで発信している渡鬼人物録。

これは、渡隅が把握している渡鬼出演者のお誕生日を祝うというものですが。

橋田先生は、2020年5月10日のお誕生日の後に文化勲章を受賞されました。

というわけで、2020年にこしらえた渡鬼人物録に文化勲章を記載していなかったことから。

急遽、2020年の渡鬼人物録に別のツイートを追加した次第です。

 

 

このようにして何とか哀悼の意を表したところで。

現実から逃避するかのように、twitterから離れて喪に服しました。

何かと視界に入ってくる情報が苦痛の域に達して。

心底疲れもしましたし。

 

それから5日後の4月9日。

TBSが「ぴったんこカン・カン」で橋田先生を追悼することを知り。

この番組を観たことで、当サイトでも橋田先生を追悼することに決めました。

そしてこしらえたのが当記事だったわけです。

 

追悼特別企画 ありがとう橋田壽賀子先生

TBSが放送した追悼特別番組で気になったことについては別記事でまとめました。

 

石井ふく子プロデューサーが盟友・橋田壽賀子先生を追悼した沈痛の手紙
令和3年4月9日、TBSが「ぴったんこカン・カン 追悼特別企画 ありがとう橋田壽賀子先生」 を放送しました。 それは、ぴったんこカン・カンに出演されていた橋田先生の在りし日の姿を偲ぶことができる内容となっていたわけです...

 

上記の別記事については、石井ふく子Pを応援する意味合いも込めてこしらえました。

もちろん、番組の内容は、ぴったんこカン・カンに出演されていた在りし日の橋田先生のご様子がメインでした。

ところが、驚愕を余儀なくされたのは、石井ふく子Pが亡き盟友のために読み上げた手紙の場面。個人的には涙なくして観ることができない内容でした。

石井Pの沈痛が物凄く伝わってきました。

独り取り残されてしまった石井Pが心配です。

塞ぎこむことなく、何とか早く沈痛から抜け出していただきたいですね。

 

NHK『おしん』再放送の想い出

おしんを視聴すること、それは橋田壽賀子先生と真剣に向き合うということでした。

2019年に再放送されたNHK『おしん』と対峙した日々を振り返るとともに。

おしんの青年期を見事に演じきった田中裕子さんについても、改めて思いを馳せた次第です。

別記事でご紹介します。

 

NHK『おしん』の再放送で橋田壽賀子さんから授かった苦難の日々
平成31年4月、橋田壽賀子先生が御存命だった頃、代表作の『おしん』がNHKBSプレミアムで再放送されました。久しぶりに視聴できることに当初は大きく歓喜したものでしたが。 そもそも、橋田先生の宿願が叶ってドラマ化されたN...

 

今こそ総力を上げて再放送を!

おんな脚本家の先駆けとして時代を駆け抜けた橋田壽賀子先生がこの世を去ってしまわれました。

いまだに実感がわかなかったり、淋しい思いに苛まれてしまいます。

しかし、橋田先生は多くの作品を遺してくれました。

それらを各局が今こそ総力を上げて再放送すべきです。

そうすればきっと、多くの民の慰めとなるはず。

 

例えば、TBSであれば『99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~』など。

 

「99年の愛 〜JAPANESE AMERICANS〜」TBS開局60周年 5夜連続特別企画 | TBSテレビ
TBSテレビがお届けする「TBS開局60周年 5夜連続特別企画 99年の愛 〜JAPANESE AMERICANS〜」の公式サイトです。11月3日〜7日までよる9時から5夜連続放送!予告やあらすじなど、ドラマ情報はこちらから!

 

NHKであれば、橋田先生の自伝的作品『春よ、来い』など。

 

 

他にも、テレ朝であれば橋田壽賀子ドラマスペシャルなどがあります。

あと、バラエティ番組ですが、フジテレビの「笑っていいとも!」を是非とも再放送していただきたいところ。BSやCSであれば、充分に可能かと。

関係者の皆様、何卒よろしくお願いします。

 

各メディアの追悼特集記事(抜粋)

「先生ありがとう」/橋田寿賀子さん追悼記事まとめ - 芸能 : 日刊スポーツ
TBS系「渡る世間は鬼ばかり」やNHK連続テレビ小説「おしん」など人気ドラマを手掛けた脚本家橋田寿賀子さんが急性リンパ腫のため、4日、亡くなった。95歳だった… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
橋田壽賀子 脚本家として生きる - NHK クローズアップ現代+
2021年4月8日(木)放送。「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」など数多くの国民的ドラマを手がけてきた脚本家の橋田寿賀子さん。生前、NHKのカメラに繰り返し語っていたのは、「生きる意味」だった。そしてコロナ禍で感じたことを新たなドラマにしたいとの情熱も持ち続けていた。「市井の人々の日常にこそ、ドラマがある」と取材を重ね...
橋田寿賀子さん、こだわり続けた女性視点 背景に戦争への嫌悪 | 毎日新聞
 テレビドラマの世界で、数々の話題作を残してきた脚本家の橋田寿賀子さんが4日、亡くなった。女性の視点に徹底してこだわった橋田作品は、それまで顧みられることがなかった女性のリアルな思いを浮き彫りにしたが、その背景にあったのは自身も体験した戦争への恐怖と嫌悪だった。
橋田寿賀子に関するトピックス:朝日新聞デジタル
朝日新聞社のニュースサイト、朝日新聞デジタルの橋田寿賀子に関する記事一覧ページです。

 

 

橋田壽賀子先生の生前の軌跡をまとめた記事(渡隅版)
渡鬼脚本家・橋田壽賀子さんのご紹介
TBS『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』脚本家「橋田壽賀子」さんをご紹介します。 TBS・渡鬼公式情報 2019年 2018年 二大巨頭の渡鬼記者会見情報...